人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月5日

トップリーグ草創期のライバル対決、 マイクロソフトカップ決勝「NEC対東芝府中」。 そして2010年度、三洋電機初の戴冠へ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

2003年9月に発足したジャパンラグビートップリーグは17年目の今季で幕を閉じ、来季からは新リーグがスタートを切る。17年で一区切りは短くも感じるが、振り返ると草創期には今やトップリーグの監督、ヘッドコーチとなった選手たちが活躍しており、隔世の感を禁じ得ない。

J SPORTSは、2月6日、7日、トップリーグ歴代王者決定戦の2003年度から2012年度までの10試合を放送する。

トップリーグ初年度は、12チームによる総当たり戦の優勝と、上位8チームによるノックアウト方式のトーナメント「マイクロソフトカップ」の2冠があった。表彰も、「トップリーグ優勝」、「マイクロソフトカップ優勝」の2つに分けられていた。そして、日本選手権は別大会として行われていた。2006年度からはマイクロソフトカップがプレーオフを兼ねることになって、トップリーグの冠はひとつになった。

このシーズンは、トップリーグ覇者が神戸製鋼コベルコスティーラーズ、マイクロソフトカップ優勝がNECグリーンロケッツ、日本選手権は東芝府中ブレイブルーパス(2006年度より東芝ブレイブルーパス)が頂点に立った。

NECグリーンロケッツ vs. 東芝府中ブレイブルーパス

本欄では初年度から10年のうち、2つの試合を取り上げたい。まずは、2003年度のマイクロソフトカップ決勝戦だ。NECグリーンロケッツのキャプテンは日本代表のキャプテンでもあった箕内拓郎、日本代表PR久富雄一、FL浅野良太、SH辻高志、CTBジョージ・コニア(この日はFB)、CTB向山昌利ら好選手が揃っていた。対する東芝府中ブレイブルーパスのキャプテンは冨岡鉄平、LO釜澤晋、FL渡邉泰憲、NO8ニコラス・ホルテン、CTBスコット・マクラウド、FB立川剛士ら経験豊富な選手たち並んでいた。

2004年2月22日、国立競技場で行われた決勝戦は、前半、風上に立ったNECが開始22分までに3トライを畳みかける。実はキックオフ前のトスで勝ったのは東芝府中だったが、ベテラン勢が多かったこともあり、前半は風下で我慢し、後半風上で攻めようと風下の陣地を選んだ。これが裏目に出て、NECは勢いづいた。24-5とNECリードで迎えた後半、東芝府中はルアタンギ・バツベイのトライなどで食い下がったが、届かなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ