人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月12日

【ハイライト動画あり】涙の天理大初優勝。関西勢36大会ぶりの頂点。ラグビー大学選手権決勝

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

天理大学

頬を涙が伝っていた。

2021年1月11日(月・祝)、東京・国立競技場に、天理大学・FL松岡大和キャプテンの優勝インタビューが響き渡った。

「メンバー23人が身体を張ったこともそうですが、メンバー外のみんなが協力して、今日まで良い準備をしてくれました」

「今日の優勝は、天理大学ラグビー部員全員と、この4年間サポートしてくださった皆さんと、先輩たちが培ってきたものを、全員が良い準備をしてくれた結果、今日優勝できたと思ってます!」

2020年度の王者を決める大学選手権決勝。

2連覇を目指した早稲田大学(関東対抗戦2位)と、悲願の初優勝を目指した天理大(関西リーグ1位)が激突した。

試合は新型コロナの感染拡大で緊急事態宣言が出されたなか、すでに販売済みだった約1万7千枚のチケットに関しては観客制限措置から除外される、との政府見解を受けて行われた。

観客1万1411人が入場し、5000枚以上が使用されなかった。

約6万8000人収容のスタンドは空席が目立ち、声援も少なかったが、これが天理大にとっては追い風だったかもしれない。

2011年度、2018年度と決勝に進んだが、奈良・天理市を本拠地とする天理大は、アウェーの空気とも戦わなければならなかった。

「今までのチームは東京での大きな試合で実力を発揮できず、悔しい想いをしてきました。今日は実力を出し切ってくれました」(天理大・小松節夫監督)

過去2回の決勝戦と何が違っていたのか。小松監督は「経験値」と答えた。

「経験値が高かったと思います。1年生から3回悔しい経験をした選手が多く、決勝に懸ける想いが強かった」

天理大はこの日、まずディフェンスにフォーカスしていた。「今日はディフェンスで前に出てプレッシャーを与えようと準備していました」(天理大・松岡キャプテン)

その狙い通り、天理大は序盤に守備から2度のターンオーバーを奪う。悔しい想いをしてきた4年生のPR小鍜治悠太、LOアシペリ・モアラが、接点で激しく身体をぶつけた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ