人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月25日

連覇狙う桐蔭学園、 続くのは東海大大阪仰星? 初出場4校も実力派揃い

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

御所実業 vs. 桐蔭学園(昨年大会決勝)

記念すべき第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会が、12月27日、東大阪市花園ラグビー場で行われる。コロナ禍で春の全国選抜大会はじめ、各地の大会も中止になった。どのチームが頂点に立つのか、今年ほど予想が難しい大会はない。例年の51チームから、参加校数を史上最多の63チームに増やしたことも予想を難しくする。決勝戦で惜敗した実力あるチームもブロック予選を経て出場権を獲得しているからだ。68回目の出場となる秋田工業を筆頭に50回目の出場となる日川(山梨県)、49回の佐賀工業など常連校がいる一方で、初出場が4チーム含まれている。

川越東(埼玉県第1)は、決勝戦で深谷を17-14で破った。ディフェンス力を向上させての初出場で花園でも楽しみな存在。1回戦は群馬県の明和県央と対戦する。開志国際(北信越ブロック/新潟)は、2015年創部という参加校中、もっとも若いチーム。新潟県の決勝では新潟工業に敗れたが、全国レベルで十分に戦える実力を備えている。高橋昌徳監督は、日体大から三菱重工相模原に進んでプレーしており、プレースタイルも社会人のように洗練されている。トンガ出身でニュージーランドからの留学生FBサポイ・ビリアミ(3年)など卓越した個人技を持つ選手もいる。1回戦では大分東明と対戦するが好勝負になりそうだ。

四日市工業(東海ブロック/三重)は、三重県の決勝で朝明に敗れたものの、東海ブロックで優勝した。三重県は国体を控えて朝明と四日市工業を強化指定校とし、朝明を全国屈指の強豪に育てた斎藤久監督が2016年に赴任。2020年春で退任したが礎を築いた。現在は関東学院大出身の渡邊翔監督が後を引き継ぎ、スピーディーな展開ラグビーを磨く。創志学園(中国ブロック/岡山)は、かつて天理高校の選手として全国制覇を成し遂げ、監督としても天理高校を率いた武田裕之監督が一から作り上げたチーム。どんなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ