人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月12日

【ハイライト動画あり】名勝負誕生。7か月ぶりのテストマッチは88分超の死闘に!ブレディスローカップ2020第1戦「ニュージーランド×オーストラリア」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ホイッスルの直後、膝から崩れ落ちる選手も

「ここまでの死闘になるとは思っていなかった」

試合後のピッチで、この日オーストラリア代表で節目の100キャップを獲得したFLマイケル・フーパーはそう振り返った。

ラグビーの国代表戦(テストマッチ)は新型コロナウイルスの世界的流行により、今年3月の欧州6か国対抗戦から約7か月にわたり中断されていた。

そして迎えた、中断後初のテストマッチ。

10月11日(日)、ニュージーランド(NZ)のウェリントンで、NZとオーストラリアの定期戦「ブレディスローカップ」第1戦が開催された。

強風が吹きつける港湾都市、首都ウェリントンのスカイスタジアムに集結したファンは3万1020人。

ホームのオールブラックス(NZ代表)はFLサム・ケインが新キャプテンに就任し、指揮官も8年アシスタントを務めたイアン・フォスターHC(ヘッドコーチ)に。

心機一転の初陣では、この日3人のノンキャップ選手(LOトゥポウ・ヴァアイ、FL/NO8ホスキンス・ソトゥトゥ、WTBケイリブ・クラーク)が、リザーブから嬉しい黒衣デビューを果たした。

一方、NZ出身であるデイヴ・レニーHCを新指揮官に迎えたワラビーズ(オーストラリア代表)はFLフーパーが主将。

若手の台頭著しいオーストラリアで、この日はFLハリー・ウィルソン、CTBハンター・パイサミ、WTBフィリポ・ダウングヌが先発から代表デビュー。控えのノア・ロレシオも初キャップが期待されたが、両軍で唯一出場がなかった。

キックオフ直前、NZ代表はTJ・ペレナラのリードで先住民マオリの舞踊「ハカ」を披露。対峙するワラビーズは弧状の陣形で受けとめた。

そしてワラビーズ主将をして「死闘」といわしめた試合は、曇天の下、オーストラリアボールでキックオフを迎えた。

序盤の攻勢は、強烈な風下に立ったワラビーズ。

アタックではフェーズを重ねて勢いよくキャリアーを走らせ、ディフェンスでは出足の鋭いディフェンス、激しいブレイクダウン(ボール争奪局面)でプレッシャーをかけた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ