人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月12日

【ハイライト動画あり】昨季2位の日大、関東学大を圧倒 フィジカルの優位性生かして2連勝

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

10月10日(土)、関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークでは、関東大学リーグ戦1部の日大関東学大の一戦が行われた。雨が降りしきり、強風という難しいコンディションだったが、互いの闘志がぶつかり合った。

昨季2位の日大は開幕週で中央大に苦戦。その反省もあってか、立ち上がりからエンジン全開で攻勢に出た。風上を利してロングキックを蹴り込み、関東学大のタッチキックで得たラインアウトからSH前川李蘭(1年)のパスでFWが次々に縦に走り込み、連続攻撃を仕掛ける。先制トライを奪ったのは前半6分だった。FW、BK一体となって縦に突進。左中間にできたラックから、タッチラインまで約15mのスペースをWTBナサニエル・トゥポウ(2年)が一人で走り切る。前川のゴールは決まらず、5-0とリード。

トライを決めたCTBフレイザー・クワーク

攻め続ける日大は、前半11分、関東学大ボールのラインアウトをスチールし、CTB広瀬龍二(2年)がディフェンスラインのど真ん中を破ってトライし、ゴールも決まって12-0とリードを広げた。その後も、自陣での戦いを余儀なくされた関東学大がなんとかタッチキックでゲームを切っては、日大がラインアウトから攻めるパターンが繰り返された。前半19分には、関東学大陣22mライン付近のラインアウトから日大がモールを組み、HO藤村琉士(4年)がサイドアタックで前進。SO饒平名悠斗(2年)が右オープンにキックパスし、関東学大がキャッチをミスすると、転々とするボールをCTBフレイザー・クワーク(3年)が拾ってトライ。ゴールも決まって、19-0とする。

J SPORTS オンデマンド番組情報

防戦一方の関東学大は、前半24分、ラインアウトからの攻撃でCTB芳崎風太(3年)がディフェンスを突破し、22mライン内に攻め込む。その後の連続攻撃から最後はSO立川大輝(1年)、芳崎、WTB福士萌起(4年)とパスをつないで左コーナーに飛び込み、一矢報いた。その後も何度かチャンスを作った関東学大だったが反則やミスで得点には至らなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ