人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月1日

【ハイライト動画あり】白熱! プレーオフ進出かけた激闘 レベルズ、ワラターズに敗れるも最終節に可能性残す

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

レベルズvワラターズ

オーストラリアのスーパーラグビーAUは、プレーオフ進出の3位以内をかけた戦いがクライマックスを迎えた。8月21日、22日に行われた第8節を終えた時点で、ブランビーズとレッズの3位以内が確定し、残る1枠を、ワラターズレベルズが争うことになった。その直接対決が8月29日、ニューサウスウェールズ州のライカートオーバルで行われた。本来は、レベルズのホームゲームだが、本拠地メルボルンがあるビクトリア州は新型コロナウイルス感染症の陽性者が同国で最も多い地域。緊急事態宣言が出ており、レベルズの選手たちは、メルボルンに戻ることなくホテル暮らしを続けて戦っている。

前日(8月28日)、ブランビーズウェスタン・フォースに31-14で勝利し首位が確定(6勝1敗、勝ち点28)。2位レッズ(4勝2敗1分け、勝ち点21)、3位ワラターズ(3勝4敗、勝ち点15)、4位レべルズ(3勝2敗1分け、勝ち点14)、5位ウェスタン・フォース(7敗、勝ち点2)という順位。ワラターズは、次節は試合がなく、3位を確定させるためには、レベルズに対して3トライ以上の差をつけるボーナス点を取りながら勝利し、勝ち点5を加え、レベルズにボーナス点を与えないという快勝が求められた。一方、レベルズは、勝てば3位以内が確定。負けても、ワラターズにボーナス点を与えなければ、最終戦のフォースに勝ってプレーオフ進出が濃厚という状況だった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

試合は、ワラターズのキックオフで始まった。開始3分、レベルズはCTBマット・トゥムーアのPGで先制。一方、ワラターズは十分にPGを狙える位置でPKを得ながら、タッチキックを選択して攻め、SHジェイク・ゴードンがトライ、SOウィル・ハリソンのゴールも決まって3-7と逆転する。前半は6割がたボールを支配して攻めるワラターズに対し、懸命のディフェンスでレベルズがしのぐ展開。22分には、ワラターズのNO8ジャック・デンプシーがゴール前のラックからのサイドアタックでトライし、3-14とする。

2トライ差のリードをとったワラターズだが、その後は攻めきれず、逆にレベルズに攻め込まれ、後半36分、ラインアウトでの反則でLOネド・ハニガンがシンビン(10分間の一時退場)となり、14人での戦いを余儀なくされた。その直後、レベルズはワラターズのゴールラインに迫り、トゥムーアが内側に切れ込むようにトップスピードでパスを受け、そのままトライ。チームリーダーの気迫の突進で、10-14とする。前半終了間際にワラターズのハリソンがPGを決めて10-17で前半を終了。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ