人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月17日

シドニーで好敵手が激突 ワラターズが優勝候補筆頭のブランビーズを迎え撃つ オーストラリア代表多数。タフなFW戦を見逃すな

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

オーストラリアの「スーパーラグビーAU」は第3節目に入り、優勝候補のブランビーズが、シドニーに乗り込みワラターズと対戦する。ホームのワラターズは初戦でレッズに26-32と敗れたが、第2節はウェスタン・フォースに23-14と勝利した。今季より指揮を執るロブ・ペニーヘッドコーチは「前半はフォースにプレッシャーをかけられたが、後半はゲームをマネージメントできた」と選手たちの対応力に一定の評価を与えた。若い選手が多く、パフォーマンスに波があるのは致し方ないところだろう。

ロブ・シモンズキャプテンはフォース戦についてこう話す。「試金石だった。(ワラターズは)才能ある選手がそろっているが、とても若い。レッズの2009年、2010年を思い出す。多くの若い選手が出てきて意欲旺盛だが、やりすぎのプレーが多かった。でもその後はうまくゲームマネージメントを行い成功した」。ワラターズも、あの頃のレッズのようにチーム力をアップしていきたいということだろう。

安定感あるブランビーズに対し、ワラターズは頼もしいメンバーが戻ってきた。オーストラリア代表24キャップのPRトム・ロバートソンが怪我から復帰し、前節はリザーブだったCTBカーマイケル・ハント、NO8ジャック・デンプシーというオーストラリア代表勢が先発復帰する。SOウィル・ハリソン(20歳)、CTBジョーイ・ウォルトン(20歳)、WTBジェームズ・ラム(22歳)ら若い選手を代表メンバーが引っ張る。FBジャック・マドックスは、ここまで2戦でボールを持って前進した距離はリーグ1位(226m)。最後尾からチームの勢いを引き出す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ