人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年6月29日

【ハイライト動画あり】イーデンパークの激戦、ブルーズがハイランダーズとの全勝対決に勝利。スーパーラグビー2020 アオテアロア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

スーパーラグビーが戻ってきてはや3週目。ニュージーランドカンファレンスの5チームが参加して行われている「スーパーラグビー2020 アオテアロア」は第3節。

6月27日(土)には、現在連勝で首位に立つブルーズが、開幕戦に勝利し、1勝0敗のハイランダーズをホーム、オークランドのイーデンパークで迎え撃った。

ブルーズは開幕戦のホームでハリケーンズに30-20と勝利、第2節も24-12と9年ぶりにアウェイでチーフスを下して連勝。今節もホームで白星を重ねて首位をキープしたいところ。

勢いを継続させたいブルーズのレオン・マクドナルドHC(ヘッドコーチ)は、先週のチーフス戦と同じ15人を先発メンバーに選出した。

また、控えメンバーもイングランド代表キャップを持つCTB(センター)ジョー・マーチャントのみの変更となった。マーチャントはこの試合を最後にブルーズから離れて、イングランド・プレミアシップのハリクインズに復帰する。

マクドナルドHCは、「チーム全員がハードなトレーニングをしていますし、今の先発メンバーは毎回のトレーニングで試されている。この23人のグループは自分達の仕事を続けています。

自分たちのやりたいスタイルに合った形で成長していて、新しいルールにも積極的に対応しているので、よりエキサイティングで動きのあるゲームになる」と意気込んだ。

一方のハイランダーズは、開幕戦で終了間際のドロップゴールで逆転し、27-26とチーフスに競り勝った。先週はBYE(休みの週)で、この試合が2戦目となった。

アーロン・メイジャーHCは初戦のチーフス戦から、FB(フルバック)1名の変更にとどめた。セブンズのニュージーランド代表ヴィリモニ・コロイから、やはりセブンズで活躍してきたスコット・グレゴリーを先発に起用した。

両チームは、6月19日に職務中に射殺されたブルーズサポーターでもあり、開幕戦を観戦した地元オークランドのマシュー・ハント巡査を追悼し、試合前に1分間の黙祷が捧げた。そして、試合は2万7000人を集めたイーデンパークでキックオフされた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ