人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年6月15日

【ハイライト動画あり】これぞ、ラグビー王国のエンターテインメントラグビー。 コロナ禍以降初のプロラグビーは、2万2000人の観衆を前に、 地元ハイランダーズが劇的勝利

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ラグビー王国ニュージーランド(NZ)の5チームによるスーパーラグビー「アオテアロア」は、6月13日、NZ南島ダニーデンのフォーサイスバー・スタジアムで幕を開けた。観衆は約2万2000人。満席ではなかったが、ダニーデンの人口は約13万人だ。スーパーラグビーでは異例の大観衆である。新型コロナウイルス禍でラグビーが見られなくなり、日常生活もさまざまな制限を受けてきたが、NZは国民一丸となってこの難局を乗り越え、6月8日には感染者がゼロになった。これを受けて観客を入れての試合が実現。心から再開を喜ぶファンの笑顔が観客席に広がった。歌い、踊り、叫ぶ。NZだからこその光景だった。

ホームで開幕戦を迎えたハイランダーズは、試合直前になって先発SOジョシュ・イオアネが怪我で欠場することになり、FBミッチ・ハントがSOへ移動。リザーブだったヴィリモニ・コロイが先発FBに入り、メンバー外だったSOブリン・ガットランドがメンバー入りとなった。ブリンはチーフスのウォーレン・ガットランドヘッドコーチを父に持つ。しかし、この時点で相手指揮官の息子登場が劇的結末の伏線になると予想した人はいなかっただろう。

チーフス FBダミアン・マッケンジー

試合はハイランダーズSOミッチ・ハントのキックオフで始まった。チーフスCTBクイン・トゥパエアがキャッチして突進。激しい攻防が始まる。3分、ハイランダーズがハントのPGで先制すると、チーフスは8分、13分とFBダミアン・マッケンジーがPGを決めて、3-6と逆転。この直後のキックオフで攻撃を仕掛けたチーフスはCTBアントン・レイナートブラウンがボールを放さない反則をとられる。

「アオテアロア」は、ブレイクダウン(ボール争奪戦)での攻防を観客から見てクリアにするレフリングが徹底されている。倒れた選手はすぐにボールを放し、倒した側もすぐに体を開いて、スピーディーにボールを動かすのだ。密集に横から参加するなどのオフサイドも厳しく判定されるため、この試合では序盤から同じような反則が相次いだ。

レイナートブラウンの反則で得たPKからタッチキックで前進したハイランダーズは、ラインアウトからモールを押し込み、16分、HOアッシュ・ディクソンがトライをあげる。21分、再びチーフスの反則で得たPKからタッチキックをし、ラインアウトからの攻撃でチャンスを作る。目まぐるしい攻防の末、SHアーロン・スミスのフラットなパスに斜めに走り込んだCTBロブ・トンプソンが抜け出し、最後はCTBパテレシオ・トムキンソンがトライをあげた。パスのスピードと急角度の走り込みにしびれるシーンだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ