人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月30日

スーパーラグビー注目選手紹介 ~世界最高峰リーグを彩るスター達~

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」。

ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチン。

この南半球の強豪4か国の15クラブに、日本チーム・サンウルブズを加えた16チームが、最強クラブの座を懸けて、トライを奪い合うスリリングなアタッキングラグビーを展開する。

2019年ワールドカップで世界を熱狂させた各国スター選手はもちろん、4年後のワールドカップ出場を狙う男達も参戦。ここでは2020年のスーパーラグビーを彩る猛者たちを紹介しよう。

■布巻峻介(サンウルブズ)

布巻選手

センター、スタンドオフだった東福岡時代は、高校2年で7人制日本代表の練習生に。「超高校級」「怪物」と話題を集めた。高校日本代表のキャプテンも務め、2019年W杯日本代表に5人を輩出した92年度生まれの黄金世代(北出卓也、徳永祥尭、流大、福岡堅樹、松島幸太朗)を引っ張った。

早大3年時にフランカーへ転向。ジャパンのFW第3列は熾烈な争いで、2019年W杯メンバーからは漏れてしまったが、さらなる成長を求めてスーパーラグビーの舞台に身を投じる。

父・浩二さんは元ラガーマン。父がコーチを務めた福岡・かしいヤングラガーズが原点だ。小学生の頃からスーパー12(現スーパーラグビー)に熱中。地元福岡のうどんが好物。

■ダミアン・マッケンジー(チーフス)

ダミアンマッケンジー

身長175センチと小柄だが、脅威の加速力、天与のラグビーセンスでオールブラックスの座を射止めたスピードスター。しかし2019年4月の第9節ブルーズ戦で、右膝の前十字靭帯を断裂。2019年W杯を逃してしまった。しかし今季開幕時点で24歳の若手であり、4年後のフランス大会出場が期待されている。

優れたキッカーであり、プレースキックで微笑を浮かべる独特のルーティンでおなじみ。冗談交じりに「仲間にからかわれるので(微笑を)止めようかと考えている」と語ったこともあるが、果たして今季も微笑は見られるのか。

NZ最南端のインバカーギル出身で、北部の大都市オークランドのような人混みは苦手。プロテニス選手のロジャー・フェデラーのファン。好きな女優はオーストラリアのマーゴット・ロビーだ。ゴルフが趣味で、9歳からプレーしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ