人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月21日

福岡堅樹、今季「最後」のトップリーグでダメ押しトライ ノーサイド直前、ボーナス点を巡る攻防が観客を沸かせる

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
Kenki Fukuoka _pannasonic

写真:福岡堅樹/パナソニック

のべ11万人を越えた開幕節に続き、1月18日、19日に開催された第2節ものべ10万人を突破。日本ラグビー最高峰ジャパンラグビートップリーグのすさまじい観客動員力は衰えない。2試合開催の会場で観客数の多い2試合目を抜き出しての計算でも、第1節=92,347人。第2節=84,605人である。ここまでは日本代表選手が多いチームの直接対決があったこともあり、今後この数字が続くかどうかは試合内容、観戦環境の快適さ、熾烈な順位争いが継続されるかどうかにかかってくる。入退場時をいかにスムーズにするか他、多くの課題があるが、試合内容は第2節も白熱した。

トップリーグ史上最多の観客数を記録したのは豊田スタジアムだ。日本代表NO8姫野和樹キャプテンが率いるトヨタ自動車ヴェルブリッツ、日本代表HO坂手淳史がキャプテンを務めるパナソニックワイルドナイツの対戦は、優勝候補同士とあって、観客は、37,050人。試合は序盤から白熱。前半2分、パナソニックは自陣からの攻撃で南アフリカ代表CTBダミアン・デアリエンディが先制トライ。トヨタは18分、昨季のトップリーグ新人賞を受賞したCTB岡田優輝がトライを返す。28分にはトヨタFBウィリ・ルルー(南アフリカ代表)が自らのパントを追いかけてトライ。前半は13-7とトヨタがリードする。

後半も接戦になったが、試合の流れを決定づけたのはパナソニックWTB福岡堅樹の個人技だった。31分には難しいパスをキャッチしながら驚異的な加速力でタックラーを1人、2人とかわして前進し、WTB竹山晃暉のトライに導き、37分には相手のパスミスをキャッチして、33-20と、突き放すトライをあげた。東京オリンピック出場を目指し、男子7人制日本代表スコッドに合流するため、今季のトップリーグはこれが最後。強烈なインパクトを残して次のステージへ向かった。最終スコアは、40-20。今後は福岡不在のパナソニックの戦いぶりも注目される。

【ハイライト】トヨタ自動車ヴェルブリッツ vs. パナソニック ワイルドナイツ|ジャパンラグビー トップリーグ2020 第2節

王者神戸製鋼コベルコスティーラーズは、1月18日、静岡県磐田市のヤマハスタジアムでヤマハ発動機ジュビロと戦った。観客は、10,163人。先制したのはヤマハだった。前半11分、自陣からの攻撃でFBサム・グリーンが左タッチライン際にグラバーキック(地面を転がるキック)、これを追ったWTBシオネ・トゥイプロトゥは転がるボールをインゴール方向にさらにキック、最後は神戸製鋼WTB山下楽平との競り合いになったが、芝の上に滑り込むと胸にすっぽりボールが入り、そのままインゴールに駆け込んだ。アクロバティックなトライにヤマハサポーターは大いに沸いた。神戸製鋼も15分、「世界最高のLO」の呼び声高いオールブラックスのブロディ・レタリックがゴール前5mからパワフルに突進してトライ。SOダン・カーターのゴールも決まって、7-7の同点とする。

神戸製鋼 アタアタ・モエアキオラ

写真:神戸製鋼 アタアタ・モエアキオラ

その後、ヤマハは神戸製鋼のプレーメイカーであるカーターを徹底マーク、攻めてはグラウンドを横幅いっぱいに使う攻撃で王者を苦しめる。しかし、トライを獲り切る力は神戸製鋼が上だった。前半30分、ディフェンスからボールを奪い返すと、再三力強い突進を繰り返していたNO8タウムア・ナエアタが相手陣に入り、レタリック、CTBラファエレ ティモシー、カーターとパスをつなぎ、最後は日本代表WTBアタアタ・モエアキオラがトライ。22-10とリードを広げる。連続攻撃でディフェンスを崩したかと思えば、PKからの速攻、ターンオーバーからの大幅ゲインと多彩なトライを奪った神戸製鋼が、36-24で勝利した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ