人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月10日

11月10日(日)、ラグビー関東大学対抗戦、関西大学リーグのみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆11月10日(日)14:00 早稲田大学 vs. 帝京大学 秩父宮

午後2:00キックオフの2試合目はともに開幕4連勝中で、昨年、優勝を分け合った帝京大学と早稲田大学が激突する。

先週、筑波大学に24-22で逆転勝利した帝京大は、FWのメンバーを大きく代えてきたが、LO久保克斗、NO8安田司(ともに3年)の2人がFWを引っ張る。

BKはキャプテンCTB本郷泰司(4年)を筆頭に、SO北村将大、WTB(ウィング)尾崎泰雅、WTB木村朋也、FB奥村翔(いずれも3年)と1年生から活躍しているメンバーが揃った。

控えにPR北隼人(4年)、FL/LOリッチモンド・トンガタ(2年)、SH(スクラムハーフ)末拓実(4年)、CTB(センター)ニコラス・マクカラン(3年)と、先発でもおかしくないメンバーが揃い、後半の勝負どころで出てきそうだ。

同じく開幕戦4連勝の早稲田大は、CTB中野将伍(4年)以外はほぼベストメンバーと言えよう。大学No.1のハーフ団と呼び声高い、SH齋藤直人、SO岸岡智樹(ともに4年)がタクトを握る。

NO8の丸尾崇真(3年)らを筆頭に、FWは決して大きくはないが、運動量に長けた仕事人が揃い、監督の息子であるルーキーのFL相良昌彦が先発する。

BKもWTB古賀由教(3年)、FB(フルバック)河瀬諒介(2年)ら決定力のある選手が揃う。早稲田大は運動量とスピードで相手を上回りたい。

◆11月10日(日)11:30 日本体育大学 vs. 青山学院大学 熊谷B

また、10日(日)には、埼玉の熊谷ラグビー場Bグラウンドでも2試合行われる。

1試合目は、先週、慶應義塾大に11年ぶりに勝利した日本体育大学と今年、ここまで白星のない青山学院大学が対戦する。

日体大はキャプテンCTB石田大河(4年)、NO8ハラトア・ヴァイレア(2年)といったラン、運動量もあるFW陣で歳を優位に進めたい。

青山学院大はキャプテンNO8藤森直也を中心に、まずは接戦に持ち込み、WTB手島究(2年)らのランでトライを挙げることできるか。

◆11月10日(日)14:00 筑波大学 vs. 成蹊大学 熊谷B

第2試合は先週、遅くも金星を逃した筑波大学と、勝ち星のない成蹊大学が相対する。

残り試合全勝して大学選手権に出場したい筑波大は、キャプテンSH杉山優平(4年)が出場しないため、NO8土谷深浩(4年)がゲームキャプテンを務める。

SHには今井快(3年)が入り、SOにはバックスリーでの出場も多いSO島田悠平(4年)が務める。成蹊大はキャプテンCTB甲山大悟(4年)を中心に、接戦に持ち込むことができるか。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ