人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月10日

11月10日(日)、ラグビー関東大学対抗戦、関西大学リーグのみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆11月10日(日)12:00 関西学院大学 vs. 摂南大学 神戸ユニバー

10日(日)には兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で2試合行われる。

1試合目は、立命館大学、京都産業大学に勝利し、2勝2敗と大学選手権出場を視野に入れる関西学院大学が、今年まだ白星のない摂南大学のチャレンジを受ける。

関西学院大はキャプテンPR原口浩明(4年)を中心にセットプレーとディフェンスで失点を抑えて、決定力のあるWTB中孝祐(4年)らでトライを取り切りたいところ。

摂南大はNO8マタエナ・イエレミア(4年)、SOヴィリアミ・ツイドラキ(2年)、FBテビタ・タイ(2年)ら突破力のある選手を中心に先手を取っていきたい。

◆11月10日(日)14:00 同志社大学 vs. 京都産業大学 神戸ユニバー

2試合目は開幕4連勝の同志社大学と、3勝1敗の京都産業大学の上位が対決する。

今年はFW(フォワード)、BK(バックス)ともにトライの取れる同志社大は、FL堀部直壮(4年)を筆頭にFW8人中、7人が4年生とまとまりがある。

キャプテンのWTB山本雄貴(4年)が引っ張るBK陣はSH人羅奎太郎(3年)、SO田村魁世(2年)のハーフ団はセンスに溢れている。

また、正確なプレースキックを誇るFB原田健司(4年)、スピードのあるWTB山口楓斗(2年)がおり、得点の取り合いには強い。

京都産業大はやはりキャプテンLO伊藤鐘平、PR寺脇駿(ともに4年)が引っ張るスクラムが武器であり、ルーキーのLOアサエリ・ラウシ(1年)、NOO8フェインガ・ファカイ(4年)は突破力が光る。

SH廣田瞬(2年)とルーキーのSO家村健太の若きハーフ団がFWをしっかり前に出したい。隙があればWTB堀田礼恩(2年)らのランでもトライを挙げたいところだ。

関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、そして関西大学リーグの3つのリーグは優勝争い、そして大学選手権争いは佳境を迎えようとしている。一戦一戦、青春をラグビーにかける大学生たちの勇姿を見逃すな!

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ