人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月17日

日本でプレーする南アフリカ代表選手が語る日本ラグビー。ワールドカップ準々決勝・日本vs.南アフリカ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:2018年からトップリーグでプレーするフェルミューレン

10月20日(日)に日本と準々決勝を戦う、南アフリカのNO8(ナンバーエイト)ドウェイン・フェルミューレン(クボタ)、FB(フルバック)ウィリー・ルルー(トヨタ自動車)、2人のトップリーガーが日本や日本のラグビーについて語った。

J SPORTS 番組情報

準々決勝に向けてNO8フェルミューレンは、「全くプレッシャーはない。自分自身も日本でプレーしている。日本が好きだし、食べ物や文化も大好きだ。開催国のチームと準決勝で戦えるなんて、とても素晴らしい機会です」と笑顔を見せた。

そして、「日本は以前とは全く違うプレースタイルです。幸いにも9月に一度対戦しているので、彼らの戦い方を少し走っています。なので、それに対する正しいプランで臨まないといけないね」。

「9月の対戦で日本は50分間ボールを持ちたい(ボールインプレー)と言っていましたが、実際には39分でした。日曜日は50分、それができるかもしれません」と予想した。

また、南アフリカ時代にもプレーし、クボタのチームメイトでもあるFL(フランカー)ピーター・ラブスカフニとの対戦については、「ラピースは今大会のトップ4のタックラーです。彼は私たちにとって手強い相手となるでしょう」。

「ラピースは選手としてもものすごく成長しましたし、人としても本当に素晴らしいです。彼はラグビーを熟知し、理解している。ラピースが日本のジャージーを着て日本のために戦い、その彼とワールドカップで対峙するなんてワクワクしますよ」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ