人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月23日

欧州王者ウェールズにジョージアが奮闘。ラグビーワールドカップ2019 ウェールズ vs. ジョージア

ラグビーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

ラグビーワールドカップ大会4日目は、今年のシックスネーションズを全勝で制覇した欧州王者のウェールズが登場。豊田スタジアムジョージアと対戦し、43-13で勝利して順当に白星発進を遂げた。

ウェールズのキックオフで始まった前半は、ジョージアがキックオフをキャッチミスするなか、ウェールズはスクラムからパスを繋ぎ、2分にCTB(センター)ジョナサン・デーヴィスが中央でトライを決め、早々に先行する。

SO(スタンドオフ)ダン・ビガーがコンバージョンをポストに当てて外すも、6分にそのビガーがPG(ペナルティゴール)を決め、ウェールズが序盤に8-0とリードを広げる。

p>波に乗るウェールズは12分に素早い攻撃からFL(フランカー)ジャスティン・テュピュリックがトライを奪い、ビガーがキックも決め、15-0として主導権を握る。

さらにウェールズは18分、ラインアウトからフラットなパスを繋いで守備網を突破し、WTB(ウィング)ジョシュ・アダムスがトライで加点。

守っては、運動量豊富なサポートと強力なタックルで40分間にわたってジョージアを零封すると、前半終了間際にもボーナスポイントを確定させるトライを決め、ウェールズが29-0で後半へ折り返す。

早い段階で反撃に転じたいジョージは後半開始間もない2分、ラインアウト・モールからそのままFW(フォワード)陣で押し切り、最後はHO(フッカー)シャルヴァ・マムカシュヴィリがトライ。SOテド・アブジャンダゼがキックを決め、29-7とする。

その後、ジョージアは途中交代のHOジャバ・ブレグバゼのシンビンで数的不利を強いられるも、ウェールズに追加点を許さない我慢強いラグビーでスタンドを沸かせる。

しかし終盤は、地力に勝るウェールズがトライの取り合いで上回る展開となり、最終的には43-14でノーサイドとなった。

【ハイライト】ウェールズvs.ジョージア ラグビーワールドカップ

(c) Rugby World Cup Limited 2019

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ