人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年7月19日

南アフリカ「スプリングボクス」注目選手紹介。ザ・ラグビーチャンピオンシップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

左からハンドレ・ポラード、ドゥエイン・フェルミューレン、マルコム・マークス

7月20日(土)開幕に開幕する「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンの南半球ビッグ4が戦うワールドカップの前哨戦。ここでは南アフリカ代表「スプリングボクス」の注目選手3人を紹介しよう。

J SPORTS 番組情報

ハンドレ・ポラード:正確なキックと冷静な判断、スプリングボクスの正SO

生年月日:1994年3月11日
身長/体重:189cm/97kg
ポジション:SO(スタンドオフ)
代表キャップ数:38

昨年、今年とブルズで活躍し、今年は170得点を挙げてスーパーラグビーで得点王に輝いた指令塔。

常に冷静で決断力があり、パス、ラン、キックとすべてがハイレベルなSOであり、ワールドカップでは10番をつけての活躍が期待されている。

早くからその才能が見いだされ、2013年、18歳で出場したU20チャンピオンシップで優勝に貢献し、翌年はキャプテンとして同大会で準優勝を果たし、世界のジュニア選手の最優秀選手に選出。

同年、ブルズでスーパーラグビーに初出場し、その勢いのままとスプリングボクスでデビューを果たした後は、2015年ワールドカップにも出場した。大会終了後は日本のトップリーグのNTTドコモで1シーズンプレーした。

2016年シーズンはケガに悩まされ、スプリングボクスに招集されず、ブルズのキャプテンとなった2017年も精彩を欠き、南アフリカ代表の正SOの座をエルトン・ヤンチースに譲ってしまった。

しかし、昨年、スーパーラグビーで144点を挙げ気を吐いて、スプリングボクスに復帰し、再びSOのレギュラーを奪い返した。

この2年、ラグビー面だけでなくメンタル面でも大きな成長を遂げた。正確なプレー、プレースキックは健在である。

25歳となり、すっかり落ち着いたプレーを見せてSOらしくなってきた。強力FW(フォワード)を前に出すゲームコントロール、そしてプレースキックで南アフリカ代表を勝利に導く。

◆趣味はゴルフ。好きな食べ物は肉。もともとはストーマーズのホームであるケープタウンの出身だが、2015年ワールドカップで指揮官を務めたハイネケ・メイヤーに見出されて、ブルズで主にプレーしている。

2018年2月、同郷の幼馴染で10代から長く交際していた元陸上選手の恋人と結婚した。

J SPORTS オンデマンド番組

ドゥエイン・フェルミューレン:突破力とタックルが持ち味のバックロー

生年月日:1986年7月3日
身長/体重:193cm/108kg
ポジション:NO8(ナンバーエイト)/FL(フランカー)
代表キャップ数:45

2018年はトップリーグのクボタでもプレーしたNO8/FLで、豪快なボールキャリアと激しいタックルを武器とする。

チーターズやストーマーズでプレーした後、2015年からフランスのトゥーロンでプレー。2014年にはワールドラグビーの年間最優秀選手賞にノミネートされたこともある選手で、2015年ワールドカップでも活躍した。

スプリングボクスでは2012年に初キャップを得た。現在、南アフリカ代表を率いるラシー・エラスムス ヘッドコーチとはチーターズ時代から師弟関係にあり、指揮官の信頼も厚い選手だ。

2018年6月、南アフリカ代表がイングランド代表に勝利した第2テストマッチではMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれる活躍を見せた。

昨年のザ・ラグビーチャンピオンシップはトップリーグでプレーするために代表を辞退したが、昨年の11月のテストマッチには出場し、今年スーパーラグビーのブルズに復帰して14試合に出場した。

フィジカルラグビーが武器の南アフリカを代表する選手のひとりだ。攻守において激しいプレーで勝利のために身体を張る。

◆本名は「Daniel Johannes」であり、「ドゥェイン」はその略称だという。農家の出身でラグビー選手になっていなければ、そのまま農場で働くつもりだったとのこと。

お肉とワインが大好きで、料理も好き。将来はレストランを開くのが夢で、来日してからは寿司や天ぷら、ラーメンを堪能する日々だった。趣味はゴルフ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ