人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月13日

モールDFなど健闘も、リズムに乗れず敵地で苦戦。スーパーラグビー2019「ブランビーズ×サンウルブズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
ブランビーズvs.ヒトコム サンウルブズ

◆ブランビーズ(オーストラリア)×サンウルブズ(日本)
◆スーパーラグビー2019第13節/5月12日(日)/GIOスタジアム(オーストラリア・キャンベラ)
◆敵地で今季3勝目に挑んだ狼軍団だが、序盤に主力2選手が負傷交代、スクラムでも劣勢となりリズムに乗れず――。

第13節を迎えたスーパーラグビー(SR)2019で、オーストラリアに遠征中のサンウルブズ(2勝9敗)が、敵地でブランビーズ(5勝6敗)と激突した。

前座試合で日本代表候補による特別チーム「ウルフパック」が、ブランビーズBと対戦。66-17で勝利し、今季強化試合を4勝1敗とした。

ウルフパックに続きたいサンウルブズは、先発のFW第1列にPR三上正貴、HO堀江翔太、PR山下裕史。

LOコンビはマーク・アボットとグラント・ハッティング。ゲーム主将はFLダン・プライアーが務めた。

J SPORTS 番組情報

ハーフバック団は、NECでもコンビを組んだSH茂野海人(トヨタ自動車)、SO田村優(キヤノン)。田村は10番で今季初先発。

バックスリーは、好調の2人、WTBゲラード・ファンデンヒーファー、FB山中亮平。そして1週間の出場停止処分となったセミシ・マシレワに代わり、スキルフルなユーティリティBK、ジェイソン・エメリーが11番に入った。

また追加招集された元U20アイルランド代表のPRコナン・オドネルがリザーブ入り。この日の後半26分に途中出場し、SRデビューを果たした。

日本代表は6月の宮崎合宿前に「35~40人程度」に絞り込まれる。

サンウルブズに参加する代表候補選手にとっては、セレクションマッチの意味も帯びるが、この日特にディフェンスで精彩を放ち、主導権を握ったのはブランビーズだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧