人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月13日

モールDFなど健闘も、リズムに乗れず敵地で苦戦。スーパーラグビー2019「ブランビーズ×サンウルブズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ただ開始早々に輝いたのはサンウルブズ。

前半2分、ラインアウトからSO田村がショートパント。CTBジョシュ・ティムが確保すると、鮮やかにWTBファンデンヒーファーまで右展開してグラウンディング――

しかしここはビデオ判定の結果、足が出ていたとしてオーストラリアのデーモン・マーフィー主審はノートライの判定。

すると前半6分、2018年度の神戸製鋼優勝にも貢献したLOハッティングが負傷し、支えられながら徒歩でピッチ外へ。

この日のサンウルブズは、味方のキックに対する反応、ターンオーバー後の反応で遅れをとる場面が見られ、前半13分にはキックカウンターからWTBヘンリー・スパイトがフィニッシュ。

前半16分にはターンオーバーから一気に走られ、SHジョー・パウエルが仕留めた。

ここで中心選手の一人であるFB山中が、首を固定したままピッチ外へ。

急きょリザーブからヘイデン・パーカーがスタンドオフの位置に入り、田村はセンターへ。田村はセンター経験も豊富とはいえ、応急的な布陣で、残り60分以上を戦うことになった。

14点のビハインドとなった狼軍団だが、武器にしたいスクラムでも反則が続発。体重は889kg(サンウルブズ)と879kg(ブランビーズ)でほぼ互角だが、スクラムを崩すコラプシングを再三とられ、反撃のきっかけを掴むことができない。

ただブランビーズが得意とするラインアウトモールについては、「モールのディフェンスはよかった」(ゲーム主将のFLプライアー)。しかし前半27分にエリア隅で取りきられ、サンウルブズは前半を0-19で折り返す。

スクラムでのコラプシング、ノックオンなどのミスにより、後半も序盤から得点機を活かせないサンウルブズ。

FLプライアー、後半開始から途中出場の浅原拓真による懸命のタックルで、トライを防ぐ場面も見られたが、後半12分。

ブランビーズはスクラムからのサインプレーでWTBスペイトが鮮やかに突破。FBトム・バンクスがフィニッシュし、リードを26点に。

意地を見せたいサンウルブズも後半15分頃、細かいパスをつなげながら15次攻撃を繰り出すが、ブランビーズの堅守は崩れない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ