人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月29日

オールブラックスが3連勝で今年もカップを防衛。ブレディスローカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

SOとしてチームを引っ張ったB・バレット

10月27日(土)、来年のラグビーワールドカップ日本大会の決勝の地である横浜・日産スタジアムで、2015年イングランド大会王者の「オールブラックス」とニュージーランド代表と、準優勝だった「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表のライバル同士の「ブレディスローカップ」が行われた。

両者の対戦は1931年から、当時のニュージーランド総督ブレディスロー卿にちなんだカップが勝者に贈られるようになり、現在の対抗戦がスタートした。

年間で、勝利数で上回ったチームが所持するカップは、現在オールブラックスが15年連続で保持している。日本で行われるのは2009年以来9年ぶりのこと。

「ワラビーズ」ことオーストラリア代表

今年も8月18日にシドニーで行われた第1戦をオールブラックスが38-13、オークランドでの8月25日の第2戦を40-12で2連勝し、すでにカップの保持は決まっている。

それでも、ライバル同士のプライドをかけた戦いであり、さらに来年のワールドカップを見据えて、互いに負けられない激戦となることが予想され、日本ラグビー協会主催試合としては2004年以降、最多となる4万6143人のファンが集った。

オールブラックスの「ハカ」

オールブラックスは久しぶりに代表復帰したCTB(センター)ソニー ビル・ウィリアムズが、50キャップ目となる試合となった。

この試合ではSH(スクラムハーフ)に試合前の踊り「ハカ」のコールリーダーも務めるSH(スクラムハーフ)TJペレナラが先発し、ダミアン・マッケンジーがFB(フルバック)に、ベン・スミスがWTB(ウィング)に入るという攻撃的な布陣で臨んだ。

トライを挙げるワラビーズFBフォラウ

一方のワラビーズはFBリース・ホッジがケガで代表を離脱したために、CTBサム・ケレヴィが招集された。そのため普段はFBを務めることが多いイズラエル・フォラウがアウトサイドCTBに入り、FBはデイン・ハイレットペティが入った。

両チームが国歌を斉唱した後、オールブラックスが「ハカ」の一つ「カパオバンゴ」の後、オールブラックスボールでキックオフされた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ