人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月14日

大東文化が連覇に挑む、東海、流通経済の巻き返しなるか。ラグビー関東大学リーグ戦のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆東海大学:伸び盛りの若いチームで覇権奪還を狙う

昨年はリーグ戦2位、そして大学選手権ベスト4に終わった東海大学は、今年もやはりリーグ戦の優勝候補の一角である。

スローガンは昨年度同様「力必達」で、リーグ戦優勝、ジュニア選手権優勝、大学日本一という目標を達成するために、小さなことを積み重ねることを「Marginal Gain」という言葉で表現した。

木村季由監督の信頼厚いユーティリティーBKアタアタ・モエアキオラが主将を務め、安定感の出てきたテビタ・タタフ、副将のHO加藤竜聖(いずれも4年)、さらにタックルに強みの持つSH山菅一史、SO/CTB眞野泰地、スピードが武器のWTBモリキ・リード(いずれも3年)らだ。

春から1年生も試合に出場している。SO丸山凜太朗(東福岡出身)タックラーFLジョーンズ 剛リチャード(伏見工業出身)、豪快なランが魅力のWTB望月裕貴(東海大静岡翔洋出身)らはメンバーに絡んでくるだろう。

木村監督は「夏からようやく、それなりの選手がもどってきて、チームの練習を始めました。波がありますが、若いチームですし、経験値もないので伸び盛りです」とチームの成長に期待を寄せた。

一戦一戦、勝利しながらリーグ戦で成長して、11月25日のディフェンディングチャンピオンである大東文化大戦を迎えたい。

◆流通経済大学:2014年以来のリーグ戦王座を狙う

昨年はライバルの大東文化大、東海大に敗れて3位に終わってしまった流通経済大学。2005年から指導している内山達二監督の下、フィールド全体で、FWとBK一体となって縦横無尽に展開し、トライを狙う「ダイナミックラグビー」は健在だ。

チームの中軸は主将HO山川遼人、副将のWTB/FB桑江淳太郎、LOモツラロ・タカウ、SO山上大治、7人制日本代表歴のあるFB韓尊文(いずれも4年)、FL粥塚諒、CTB ムゼケニエジ・タナカ・ブランドン(ともに3年)ら上級生たちだ。

コーチ陣が成長株に挙げたのはWTBビリアメ・タカヤワ(2年)だ。身長183cmと大柄で、柔道経験もあって身体も強い。今年から外国人枠が2人から3人になったこともあり、試合出場が増えそうだ。

ルーキーのLOタマ・カペネ(NZ・スコッツ高出身)、SH野村悠(流通経済大柏出身)。この2人は、リーグ戦でもメンバー入りに絡んできそうだ。

大文化大学、東海大学というライバルの2チームにも勝利し、2014年以来のリーグ戦王座を奪還することができるか。

◆法政大学:リーグ戦の伝統校、大学選手権出場を狙う

リーグ戦最多の13度の優勝を誇る法政大学。今年は上位3チームから白星を挙げて、1つでも順位を上げたいところだ。伝統的に高速展開ラグビーがウリだが、昨年から、島津久志氏がコーチから監督に就任し、セットプレーの強化にも力を注いできた。

FWでは主将のHO川越藏を筆頭に、LO塩水伊風(4年)、LOウォーカー・アレックス拓也(3年)らが鍵を握る。またディフェンスや接点ではFL吉永純也、山下太雅(ともに2年生)の運動量あるプレーでチームに勢いをもたらしたい。

BKはSO/CTB金井大雪、副将のCTB長利完太(ともに4年)、SH中村翔(3年)らがゲームをコントロールする。そして、昨年のリーグ戦「ベスト15」のWTB中井健人、WTB萩原蓮(ともに4年)、WTB/FB井上拓(3年)、そしてU20日本代表でも活躍したWTB根塚洸雅(2年)らの決定力あるランナーで取り切りたい。

1年生では春から試合に出場していたPR稲田壮一郎(中部大春日丘出身)、FL大澤蓮(長崎南山出身)、SH隠塚翔太朗、SO/CTB舘内倭人(法政二出身)、CTB有田闘志樹(鹿児島実業出身)らがメンバー争いに絡んで来そうだ。

目標は大学選手権出場である。上位チームに1つでも2つでも勝利して3位以内に入りたいところだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ