人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年8月22日

【ザ・ラグビーチャンピオンシップ】ニュージーランド代表、オールブラックスの注目選手

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

先週開幕したザ・ラグビーチャンピオンシップ。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンの4カ国が南半球No.1を賭けて戦う。その注目選手を紹介するコラム。今回は優勝候補筆頭のニュージーランド「オールブラックス」だ。

◆オールブラックスを支えるリアルロック
 サム・ホワイトロック(Sam Whitelock)

所属:クルセイダーズ
ポジション:LO(ロック)
身長/体重:202cm/116kg
生年月日:1988年10月12日
キャップ数:99

202cmの長身を生かし、ラインアウトやキックオフのボールキャッチなどの空中戦はもちろんのこと、激しいディフェンスも目を見張るリアルロックだ。大会前、オールブラックスのロックとしては史上最多の99キャップを数え、ザ・ラグビーチャンピオンシップの初戦で100キャップを達成した。

スポーツ万能で幼少期はバスケットボールもプレーしていたが、すぐにラグビーに専念する。2010年にクルセイダーズでスーパーラグビーデビューすると、オールブラックスにも選出。翌2011年の自国開催のワールドカップの日本代表戦で初出場を果たした。2015年ワールドカップも全試合にフル出場し、ワールドカップの2連覇に貢献した。

所属するクルセイダーズでは2017年からキャプテンに就任し、チームを9年ぶりの優勝に導き、スーパーラグビーの最優秀選手とニュージーランドの年間最優秀選手の2冠に輝いた。今年も引き続き好調をキープし、2連覇の原動力になる活躍を見せた。

今年6月のテストマッチシリーズでは、スティーブ・ハンセン ヘッドコーチからキャプテンに指名され、力強いタックルでチームを牽引し、対フランス代表3連勝に大きく貢献。今後もオールブラックスのFWを引っ張る1人として身体を張り続けるだろう。

祖父もオールブラックスで、4兄弟の三男。トップリーグのパナソニック ワイルドナイツでのプレー経験もある長男ジョージもオールブラックスのキャップを持ち、次男のアダムはクルセイダーズやオールブラックスセブンズでもプレー。

そして末弟のルークもオールブラックスキャップホルダーで、現在ハイランダーズに所属しているというラグビー一家だ。

◆接点で身体を張り続ける、帰ってきた闘将
 キアラン・リード(ieran Read)

所属:クルセイダーズ
ポジション:NO8(ナンバーエイト)
身長/体重:193cm/110kg
生年月日:1985年10月26日
キャップ数:109

オールブラックスとして100キャップを超える経験豊富な選手で、2011年、2015年のワールドカップ2連覇に貢献。リーダーシップも評価されているのが、NO8(ナンバーエイト)キアラン・リードだ。

ボールキャリアとしての能力も高く、接点で最後まで身体を張り続け、空中戦にも強い。2013年には、その活躍が評価されてIRB(現ワールドラグビー)の年間最優秀選手に輝いた。

クリケットも同時に行っていたが、高校時代にラグビーに専念し、2007年にクルセイダーズ入り。そして、2008年にオールブラックス初キャップを獲得した。2016年にリッチー・マコウの後を継ぎ、所属のクルセイダーズだけでなく、ニュージーランド代表でも新キャプテンに任命された。

ただ、2017年秋のヨーロッパツアー途中で背中と足を痛め、長らく戦列から離れていたが、7月にスーパーラグビーのプレーオフで復帰し、ブランクを感じさせない活躍を見せ、クルセイダーズ2連覇に貢献。今回のザ・ラグビーチャンピオンシップでも、オールブラックスのキャプテンとして元気な姿を見せてくれるだろう。

クリケットでもニュージーランド代表になれるほどの腕前で、今でも時々趣味でプレーしているという。高校時代は文武両道で、2000人規模の高校でスポーツでも学業でもトップの成績だったという。

競馬ファンでもあり、クルセイダーズのチームメイトだったSHアンドリュー・エリス(神戸製鋼)と競走馬の共同オーナーになっている。ボランティア活動にも熱心で、クライストチャーチ地震以降は清掃活動などを積極的に行っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧