人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年5月15日

今シーズン初勝利からチーム初の連勝を狙いたい ヒトコム サンウルブズ 対 ストーマーズ プレビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

リーグ全体のスタッツ(統計数値)で見ると、ストーマーズは、ボールキャリー(ボールを持って走った回数)が、1,392回でリーグ1位。アグレッシブに攻撃してくるチームであることが伺える。軸になっているのは日本の近鉄ライナーズでプレー経験のあるCTBダミアン・デアリエンディ(190cm、105kg、26歳)。個人のキャリー回数は、レベルズのアマナキ・レレィ・マフィに次いで2位、ディフェンス突破回数もブルーズのアキラ・イオアネに次いで2位だ。ランニングスキルが高く、簡単にタックルさせてくれない。もっとも警戒しなくてはいけない選手だろう。

SOダミアン・ヴィレムセ(184cm、90kg、20歳)は、卓越したパススキルを持ち、正確なプレースキッカーでもある。南アフリカ代表の万能BKディリン・レイズ、オフロードパスが巧みなFB/CTBのSP・マレーも防御側にとってはやっかいな選手だ。FWにはHOボンギ・ンボナンビ(180cm、102kg、27歳)、FLシヤ・コリシ(188cm、102kg、26歳)、LOエベン・エツベス(204cm、117kg、26歳)、LOピーター=ステフ・デュトイ(200cm、115kg、25歳)といった南アフリカ代表選手が揃う。

サンウルブズとしては、突破役の選手たちを走らせないようにプレッシャーをかけ続けたい。セットプレーの安定は勝利に不可欠だが、レッズ戦のラインアウトの成功率は91.7%と高く、ミスは一度しかなかった。長身選手が並ぶストーマーズに対してもこのレベルを続けたい。レッズ戦と同じようにスピーディーにボールを動かし、ストーマーズの大型選手を翻弄できれば勝機はあるはずだ。この試合を終えると、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、6月のイタリア戦、ジョージア戦に臨む日本代表のチーム編成、強化に集中することになる。日本代表の戦いを後押しするような、勢いある試合内容を期待したい。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ