人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2022年3月30日

Z+M恐るべし~SUPER GT公式テストを振り返って~

今日も今日とてプッシュ&ルーズ by 高橋 二朗
  • Line

ミシュランとの組み合わせに注目が集めるZ GT500。

先週末には、SUPER GTの2回目合同テストが富士スピードウェイで行われました。天気予報に反して、コンディションはコロコロと変化し各チームはドライコンディションでバッチリとセッティングを決められる状況ではなかったですね。しかし、今シーズンのウェットコンディションでの勢力図が分かったという一面があって面白い週末でした。

J SPORTSさんの番組、オンディマンドを視聴いただいた方達はご存じでしょう。岡山のテストと同じく雨でも日産のZ GT500が速かった。やはり、ニューマシンのZは、素性の良いマシンのようです。そして、Zの足元を支えるミシュランのウェット用タイヤの性能に注目が集まっていました。Zとミシュランの組み合わせがウェット(1日目の午後/2日目の午前)セッションでは3号車と23号車が1-2。それも3番手にほぼ1秒のタイム差をつけた。タイムもさることながら、ミシュランのウェット用タイヤのトレッドパターンが・・・。トレッドのイン側寄りに3本のグルーブ、アウト側とイン側円周にトレッド面に垂直のグルーブが入っているというシンプルなもの、昨シーズンは、ウェットコンディションが無かったのでこのパターンを確認することができなかったけれど、今シーズンは開幕前で発見。他メーカーのウェット用タイヤは、中央に2本か3本のグルーブ、そして左右には対象か非対称に斜めの細かなグルーブ、サイプが配されている。

J SPORTS 放送情報

それと比べると全く異なるコンセプトで開発されているのは一目瞭然。ミシュランは、世界耐久選手権に供給しているインターミディエイト(ドライとウェットの中間コンディション用)タイヤを有していて、それは少し濡れている路面でもドライ用のスリックタイヤと同じくトレッドにグルーブが存在しない。多分、そのタイヤに用いられているゴムのコンパウンドを採用しているのではとライバルメーカーたちは推測。だが、どの程度の雨量までが許容範囲なのかが分からない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ