人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年3月25日

チャンピオンの移籍、注目ルーキーの加入……2021年も目が離せないSFドライバーラインナップ

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

阪口は2018年の第2戦オートポリスでTEAM MUGENからスポット参戦したが、決勝は悪天候で中止。昨年もル・マン24時間参戦の関係で欠場を余儀なくされた山下健太の代役としてKONDO RACINGから第2戦岡山に参戦したが、フォーメーションラップ中にクラッシュを喫してしまうど、スーパーフォーミュラのレースをしっかりと戦えていない。開幕前のテストでもコツコツと走り込んでいた印象で、フルシーズンで挑む初戦で、どのようなパフォーマンスをみせるのか、注目だ。

この他は基本的に昨年から変更はないのだが、TEAM IMPULはマシンのカラーリングを一新し、黒を基調としたデザインにゴールドのラインが入ったマシンとなった。ドライバーは関口雄飛と平川亮で変更はなし。昨年は山本との直接対決に敗れ、ランキング2位に終わった平川は、開幕前のテストでは毎回のように上位につけるタイムを記録し、順調な走りをみせている。昨年のリベンジを果たすことができるか……開幕戦から一気にスパートをかけていきたいところだ。

マシンカラーをチェンジ。装いも新たに王者獲得を目指す平川亮(TEAM IMPUL)。

こうしてラインナップが出揃ったのだが、若干の心配事もある。コロナ禍の入国規制等の関係で、来日が難しくなっているサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)は2回の公式テストをいずれも欠席し、中山雄一がテストでは代役を務めた。現段階で正式発表はないが、開幕戦までにフェネストラズが入国できる可能性は厳しい状況にあるようだ。

また、今年もWECに参戦する中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、小林可夢偉(KCMG)も、海外との行き来があるため、昨年のように全戦出られるかどうか、微妙なところのようだ。

コロナ禍ということで、例年よりも海外のドライバーが少ない状況にある2021年のドライバーズラインナップ。それでも、公式テストの様子を見ていると、例年をかなり上回るほど拮抗した戦いになりそう。昨年にも増して、1戦たりとも見逃すことができない、激しく、熱いシーズンが、もう間も無く開幕しようとしている。

文:吉田 知弘

吉田 知弘

吉田 知弘

幼少の頃から父親の影響でF1をはじめ国内外のモータースポーツに興味を持ち始め、その魅力を多くの人に伝えるべく、モータースポーツジャーナリストになることを決断。大学卒業後から執筆活動をスタートし、2011年からレース現場での取材を開始。現在ではスーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久、全日本F3選手権など国内レースを中心に年間20戦以上を現地取材。webメディアを中心にニュース記事やインタビュー記事、コラム等を掲載している。日本モータースポーツ記者会会員。石川県出身 1984年生まれ

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ