人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年12月3日

2020スーパーフォーミュラ前半戦レビュー|こちらも大接戦の予感……

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

前半戦、圧倒的な速さを見せた平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

8月末に開幕した2020全日本スーパーフォーミュラ選手権は早くも前半戦が終了。残るは12月5日~6日の第5戦・第6戦鈴鹿と、12月20日の最終戦富士を残すのみとなった。

新型コロナウイルスの影響もあり夏に開幕するという変則スケジュールとなった今シーズンだが、振り返ってみると開幕戦から速さをみせたのはトヨタ/TRDエンジン勢だった。ツインリンクもてぎでの開幕戦では平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が優勝し、上位をトヨタ/TRDエンジン勢が独占。第2戦岡山では坪井翔がシリーズ初優勝を飾り、石浦宏明が2位に入り名門JMS P.MU/CERUMO・INGINGがワンツーフィニッシュを勝ち取った他、このレースでもトヨタ/TRDエンジンを搭載する車両がトップ5を占める結果となった。

第2戦でワンツーフィニッシュを果たしたJMS P.MU/CERUMO・INGING

しかし、スポーツランドSUGOでの第3戦はホンダ/M-TECエンジンを搭載するチームやドライバーが反撃を開始した。予選ではデビュー戦となったセルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing with B-Max)がポールポジションを獲得すると、決勝では昨年・一昨年とこのコースを制している山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が序盤から積極的に仕掛けていく走りを披露した。山本は最終的に3位を獲得し、今季初表彰台を獲得し、野尻智紀(TEAM MUGEN)も4位に入った。

そして、11月に開催された第4戦オートポリスでは、予選からホンダ/M-TEC勢の活躍が随所に見られた。予選では野尻がQ3で一気にタイムを上げてポールポジションを獲得すると、福住仁嶺、山本尚貴のDOCOMO TEAM DANDELION RACING勢が2番手、3番手につけ、これまでとは違う顔ぶれがグリッドの上位を固めた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

決勝レースでは途中のセーフティカー導入で戦略が分かれ、早めにピットストップを済ませた野尻と、終盤までピットストップを引っ張る作戦に出た山本の一騎打ちに。中盤は山本がハイペースで自身のピットストップに必要なロスタイムを稼いでいったが、残り10周になって野尻も意地をみせてペースアップ。最終的に、0.6秒差で野尻が逃げ切り今季初優勝をマーク。一方、わずかに及ばなかった山本はパルクフェルメの脇で悔しそうな表情をみせた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ