人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年9月8日

2020SF第1戦レビュー|5ヵ月遅れの開幕でみた様々な“力強さ”

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

2020SF第1戦レビュー

国内最高峰のフォーミュラカーレース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」が5ヵ月遅れで開幕。8月30日にツインリンクもてぎでシリーズ第1戦が行なわれた。今年は新型コロナウイルスの影響でシーズンのスケジュールが大幅に変更されたほか、サーキット内でもチーム間での接触を避けるために“ソーシャルバブル”を作り、関係者の人数も制限。さらにサーキットに多くの人が集まる時間を少なくするために予選と決勝を日曜日に開催する“ワンデー開催”となり、決勝レースは途中の給油を禁止し通常よりもレース距離を短くするフォーマットが採用された。

J SPORTS 放送情報

今年の夏は異常なまでに暑いとマスコミでも話題になったが、ツインリンクもてぎでの開幕戦も例外でなく、決勝時には気温40度まで上昇した。

その灼熱のレースで予選から他を圧倒したのが、昨年のもてぎ大会で同シリーズ初優勝を飾った平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)だった。予選ではライバルに0.3秒の差をつけると、決勝でも山下健太(KONDO RACING)を相手にスタートからトップを死守。レース中も全く隙を見せない走りで2020シーズンの開幕戦を制した。

優勝後の会見で星野監督は「マシンが完璧じゃない中、35周、集中を切らさずにできて精神が成長したと思う」と平川を高く評価した。

予選・決勝と完璧なレース運びだった平川だが、今回の原動力となったのは昨年経験した“悔しさ”がきっかけになっていたという。

「昨年もてぎで調子が良かったので、それをもとに持ち込んできました。ただ、昨年は予選アタックも自信があったのですが、パロウ選手に負けたのが悔しかった。そこで良くなかったことが、昨シーズンの後半で分かったことがあるので、それを今回はうまくはめ込むことができました」

J SPORTS オンデマンド番組情報

「あとは自信を持って自分の力を出し切ることに集中しました。チームもミスなくやってくれたので感謝しています」

昨年は決勝での力強さが目立った平川だが、予選ではアレックス・パロウに0.2秒負けてしまったことが、本人の中ではかなりの悔しさとして残っていたとのこと。今回の予選では彼が記録したコースレコードを0.4秒近く更新する速さをみせ、1年越しでのリベンジを果たした週末となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ