人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年4月18日

2019スーパーフォーミュラ第1戦プレビュー:“異次元”&“未知数”の開幕バトルに注目

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

海外から新たな刺客が参戦、予選Q1から超ハイレベルな戦いが始まる

2019シーズンの特徴といえば、海外からの若手ドライバーが多数参戦すると言うこと。今年は国内外合わせて7名のルーキードライバーが加わるなど、昨年からみてもドライバーラインアップは大きく変わっている。

まず注目なのが、レッドブルジュニアチームが今季2人参戦するということだ。そのうちのひとりが、マカオF3で2連覇を果たしたダニエル・ティクトゥム。昨年は2レースのみのスポット参戦だったが、今年はTEAM MUGENからフル参戦。さらなる活躍に期待が高まる。同じく育成ドライバーであるルーカス・アウアーはB-MAX RACING with motoparkからエントリーする。昨年まではDTMで活躍していたが、「スーパーフォーミュラは目指すべきカテゴリーだ」と断言するほど、数年前から参戦を熱望していたという。さらに彼のチームメイトには、数々のF1チャンピオンマシン制作に携わった“空力の鬼才”エイドリアン・ニューウェイの息子であるハリソン・ニューウェイが参戦。彼は今年スーパー耐久にもエントリーし、日本に腰を据えてレースをするという。UOMO SUNOCO TEAM LEMANSにはFIA F2で長年上位争いをしてきたアーテム・マルケロフが加入。ヨーロッパでみせたアグレッシブな走りに期待したい。

これに対し、日本人ドライバーも注目の若手が今季デビューを果たす。昨年までヨーロッパで武者修行を積んだ牧野任祐がTCS NAKAJIMA RACINGに加入し、昨年の全日本F3選手権で17勝を挙げる活躍をみせた坪井翔はJMS P.MU/CERUMO・INGINGからデビューを果たす。彼らも開幕前のテストでは速さをみせていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ