人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年4月18日

2019スーパーフォーミュラ第1戦プレビュー:“異次元”&“未知数”の開幕バトルに注目

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

2019年はオーバーテイク急増か?OTSの運用方法が変更

このSF19導入に伴って、オーバーテイクシステム(OTS)の運用方法が変更された。これまでは20秒×5回使用できていたものが、今年からは100秒間を自由に使い分けることができる。極端に言えば、100秒を1回で使い切ってしまうことも可能なのだ。

しかし、今年からは1回使うごとに100秒間(鈴鹿サーキット約1周分)の使用制限がかかる。さらにリアコーションランプと連動し、作動時は同じように点滅する。これにより後続車にOTSの使用状況がバレてしまうため、昨年まで頻繁に使われていた“防御としてのOTS使用”という戦略が使いづらくなってしまうのだ。

これについて昨年のスーパーフォーミュラ王者である山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は「頭を使いながらレースをしなければいけなくなると思います」とコメント。同じく2度のチャンピオン経験を持つ石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・ INGING)も「1回使うと次まで100秒間待たなければいけなくなるというのが要素としては大きくて、今年は多分オーバーテイクがかなり増えると思います」と予想していた。純粋な速さだけでなく、今まで以上に頭脳戦が展開されるレースが楽しめそうだ。

2019スーパーフォーミュラ第1戦プレビュー:“異次元”&“未知数”の開幕バトルに注目
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ