人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年10月11日

【スーパースポーツ世界選手権 第11戦アルゼンチン プレビュー】南米の新設コースで加熱するチャンピオン争い!

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
ジュール・クルーゼル(ヤマハ)

ジュール・クルーゼル(ヤマハ)

「スーパースポーツ世界選手権」の第11戦は舞台を南米に移し、アルゼンチンのサン・ファンで10月12日(金)~14日(日)に開催されます。「J SPORTS」では日本人ライダーの大久保光(おおくぼ・ひかり)が出場するこのレースを10月14日(日)に生放送でオンエアします。

今回は南米アルゼンチンに新たに建設されたサーキットでの開催です。MotoGPのアルゼンチンGPを開催するサーキットとは違いますし、新設サーキットということで全くその戦況は読めません。コースレイアウトは1周4.2kmで2本のストレートがあるストップアンドゴーサーキットのように見えますが、何せこけら落し的要素のイベントだけにどんなレースになるかは未知数です。

今季も残り2戦となっているだけに、新設コースでのレースがこのタイミングでやってくるのはチャンピオン争いをするライダーにとってみれば非常にチャレンジングなことと言えるでしょう。そんな中、今季の主導権を争っているサンドロ・コルテセ(ヤマハ)とジュール・クルーゼル(ヤマハ)の対決は、前戦・フランスでクルーゼルが地元のファンの前で優勝し、コルテセが2位。これでランキング首位のコルテセとランキング2位のクルーゼルのポイント差は11点に縮まりました。今回のアルゼンチンでさらにクルーゼルがポイント差を詰めるということになれば、最終戦はコルテセにとって非常にプレッシャーの大きいレースになるでしょう。だからこそ、今回はクルーゼルの走りに大いに注目です。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧