人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月24日

FIFA U-17 ワールドカップ現地レポート「7試合を戦う」ことを目標として掲げていたU-17日本代表の冒険は、4試合で幕を閉じることとなった。

サッカーニュース by 川端暁彦
  • Line

スペインと激突したラウンド16、結果は1-2の敗戦。勝機のまったくない試合ではなかったが、内容面で振り返ればスペインが一枚上手だったのも明らか。この結果は、受け入れるしかない。

ただ、収穫のなかった大会だったわけではない。

試合を振り返って「ノックアウトステージの試合は紙一重のところで勝負が決まってしまう」と噛みしめるように話していたのは主将としてチームを支えてきたDF小杉啓太。ワンプレーの怖さ、わずかな隙を逃さず、決め切ってくる世界レベルの選手たちの凄味を肌で感じたことは、あらためて彼らの財産になるだろう。

フル稼働して戦い抜いた選手たちはもちろんだが、エースとして期待されながら「何の結果も残せなかった」と肩を落としたFW道脇豊のような選手にとっても、世界大会が残した刺激は小さなものではない。

「自分のストロングポイントも世界では全然武器でなかった。すべてに関してまだまだです。どの国を観ていてもFWに凄い選手がいて、スペイン代表のバルサのFW(マルク・ギウ)も本当に良い選手だなと思ったし、全部が自分よりも上だった」(道脇)

特にハイレベルでタフな試合になったアルゼンチンとの第2戦、スペインとのラウンド16は選手たちに衝撃にも近い感覚を与えている。「日本の試合では感じられない」というコメントは、多くの選手の口から聞こえてきたものだが、逆に言えば、それを真剣勝負の中で体感できた意味は大きい。

本気で勝ちにいって本気の試合で敗れたからこそ心にも頭にも残るものができた。あとは試合後に流した涙を未来へのエネルギーに置換できる選手が、ここから本当の意味での成長を見せてくれるだろう。

森山監督は特にFW陣を意識して、こんな言葉を残している。

FIFA U-17 ワールドカップ

「とんでもなく悔しい想いをしていると思うので、『基準をここに置くなら俺はまだまだ足りないんだ』というのを身に染みて感じたと思う。そこから誰がどうアクションして、大きな成長に向けた大きな一歩を誰が踏み出していけるか」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ