人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月16日

【ハイライト動画あり】FIFA U-17 ワールドカップ現地レポート 日本代表、次戦は負けが許されないゲームシチュエーション

サッカーニュース by 川端暁彦
  • Line

 

毎日のように豪雨がやって来る。U-17ワールドカップが行われているインドネシアは、いわゆる「雨季」に突入しており、日本の方にわかりやすく言うと、「ゲリラ豪雨」がどこでも常に来るようなイメージだろうか。

日中は結構な暑さになるが、雨が来るとグッと冷える。ピッチ状態も当然変化するし、風の様子も一気に変わったりすることになるので、選手にとってもスタッフにとっても、なかなか難易度の高い時期である。いまこの原稿を書いているまさにこの瞬間も実は豪雨のカフェの中。移動するのが10分遅かったらびしょ濡れだったなんて会話を交わしていたところだったりする。

アルゼンチンとのグループステージ第2戦は、そうした「雨季」の影響を大きく受けることになった。同会場の第1試合として行われていたセネガルとポーランドの試合が荒天の影響で中断に。この煽りを受ける形で日本とアルゼンチンの試合も開始時間が遅れることとなった。

「最初は『キックオフは1時間遅らすから』と言われてゆっくり試合を観ていたら、『やっぱり15分遅れにした』と言われて慌てて用意したら、次に『30分遅れだわ』と言われてまたウォーミングアップのやり直しになった」

森山佳郎監督が苦笑いとともにそう振り返ったように、これが日本の序盤のパフォーマンスに影響した面はあるだろう。日本は欧州や南米の“常識”とは異なる入念に時間をかけたウォーミングアップ(とクーリングダウン)が国内の各チームの試合でも根付いていて、内外のギャップが大きい部分だ。言い訳材料にはならないのだが、左右されてしまう部分があったのは否めない。

 

個人的にはこの過剰なウォーミングアップ文化自体を見直すべきなのではと思っているのだが、それはまた違う話になってくるので別稿に譲ろう。いずれにしても、この「いつでもどこでもゲリラ豪雨」とどう向き合うかは、この土地で戦う上での重要な課題だ。

FIFA U-17 ワールドカップ

日本は第2戦を前にトレーニングを午前中に設定するようになったのは、この雨対策の一つ。雨の中で練習しても消耗してしまう上に、負傷のリスクも跳ね上がる。さらに言うと、午後のトレーニングをしようとすると各国の練習場リクエストがバッティングするので、「バスで1時間以上かけて移動するグラウンドを割り当てられる可能性がある」(代表スタッフ)という懸念もある。このため、トレーニング時間自体をズラして対応することにしたわけだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ