人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月14日

日本対スペイン、決戦化すれば日本に勝機あり

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
スペイン代表ルイス・エンリケ監督

スペイン代表ルイス・エンリケ監督

先週のコラム後、スペインは連勝してネーションズリーグ4試合を2勝2分で終えた。内容では昨日(12日)のチェコ戦(2−0)が一番良かった。しかも首位ポルトガルが最下位スイスに敗れるサプライズで、グループAの首位が手に入った。後味良く夏休みに入れたわけだ。

この4試合を見ていて、“もしカタールで日本戦が決戦になるのなら日本に勝機あり”という想いを強くした。その理由は両チームの戦力とは無関係のところにある。

ちょっと妄想めくが、以下説明しよう。

日本戦を迎えるまでのスペインの皮算用は、こうである。

第1戦コスタリカまたはニュージーランドに勝利、第2戦ドイツに引き分け。日本との対戦前に持ち点4であれば、日本と引き分けても勝ち上がれるはず……。

“日本戦が決戦化”とはこのシナリオが崩れ、持ち点が3以下、日本相手に必勝が求められる状況だ。コスタリカまたはニュージーランドに勝てないと、この状況が生まれる可能性が高いが、そうなった時の代表を取り巻く空気は想像するだに恐ろしい。

ルイス・エンリケ監督は敵意の渦中あるだろう。

彼の癖の強さについては以前書いた。

メディアとの対立状態は今も続いている。選手選考をめぐって代表監督とメディアの意見が異なるのは当たり前だが、ルイス・エンリケの場合は基本的に“お前らはサッカーを知らない”という立場なので、単なる意見の相違が対立や確執にまで深刻化してしまう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ