人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月7日

ワールドカップで日本が対戦するスペイン代表の2試合評

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
ポルトガル戦でのゴール後に喜ぶ選手たち

ポルトガル戦でのゴール後に喜ぶ選手たち

本来なら夏休みの時期に30度近い猛暑が続く中での試合、その肝心の、欧州のカレンダーを狂わせたカタールW杯はまだ半年先ーー。ということで、戦力を分析する状況ではないが、日本と同組だということで、先週のネーションズカップ2試合、対ポルトガル(2日。1-1)、対チェコ(5日。2-2)のスペインについて気が付いたことを記しておく。

この2試合、現地で最も問題視ーー日本から言えば付け入る隙ーーされているのは、ロングボール一発でGKと1対1とされる守備の脆さ。チェコ戦ではオフサイドトラップを2度、SBが壊し、そのうち1つで先制を許し、CBが背中を取られて勝ち越された。3度のGKとの1対1で2失点したわけだ。

ポルトガル戦ではサイドからワンツー一発で裏へ抜けられ、折り返しに逆サイドの守備が間に合わずフリーで押し込まれた。ポルトガルは前半、コンビによる打開を狙っていたが、スペインのロスト後の激しいプレスに阻まれた。で、後半はシンプルに裏へボールを送り込む策に変えたのが奏功した。

スペインの最終ラインは高い。裏へ通されるリスクをロスト後の激しいプレスとオフサイドトラップで回避しているわけだが、今のところ機能していない。もし1週間後にスペインと当たるなら、ここが日本の狙い目になる。ハイボールに強いCFが頭で後ろへすらしたボールを、縦に速いセカンドトップが拾って真っ直ぐドリブルでゴールへ向かう形が理想的。これで90分で2、3度はチャンスが生まれるだろう。回数が少ないが、GKとの1対1に近い絶対的なチャンスになるはずだ。

もう一つの目下のスペインの課題は、SBとウインガーのコンビが未確立なこと。同じポゼッションスタイルのマンチェスター・シティは、逆足の両ウインガーがラインぎりぎりに張り、両SBは内側のスペースを走り上がるコンビが確立している。どんな顔ぶれでもほぼこのパターンで、例外的にSBがサイドに張る時はウインガーが中へ入りCF化する。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ