人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月19日

次節は残留争いの直接対決。後半の勝負どころで久保かイ・ガンインを投入か?

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
ベンチから試合を眺める久保建英

ベンチから試合を眺める久保建英

「彼らはアクティブだし足技もある。しかし、サッカーは攻撃と守備と両方ある。(中略)。彼らには崩しを仕掛けるタイミングを見つけてあげなければならない」

先週エルチェ戦後のハビエル・アギーレ監督のイ・ガンイン、久保建英評である。

解釈するとこういうことだろう。“攻撃は良いが守備が悪い。だから先発では使えないが、点を取りに行くタイミングで使いたい”。

エルチェ戦で言えば、点を取りに行くタイミングとはリードされた時であり、前半終了間際に失点したことで後半開始からイ・ガンインと久保を投入した采配は、冒頭のコメントをきちんと踏襲したものだ。要は、スタートは守備重視で0−0を長く続けることを目指す。よって、イ・ガンインと久保は先発させられないのだが、失点したら点が欲しいので2人を使う、という理屈である。

だが、このシナリオは試合再開から十数分後に2−0となってもろくも崩れる。あちらを立てればこちらが立たず。守備が不得意な2人を、しかもDFを1枚減らして4バックにして入れたことで、バランスが攻撃に傾き過ぎて失点、実質的に勝敗が決まってしまう。

結果論、後出しじゃんけんのそしりは免れないが、守備重視から攻撃重視へのシナリオの変更がドラスティック過ぎたのではないか、と思う。というのも、前節アトレティコ・マドリー戦では、[3−5−2]を維持してイ・ガンインと久保をセカンドトップとして同時起用しないやり方で勝利し、攻守の理想的なバランスを見出したかのようだったからだ。

この日もFW+FW(ムリキ+アマス)の2トップはまったく攻撃の形を作れなかった。ムリキはDF2人がかりで抑え込まれるか、あえて競らずセカンドボールを狙う、というふうに対策されて、ボールがまったく収まらなかった。ロングボールは相手へのプレゼントになって防戦一方。前半のマジョルカは攻撃で無力、守備でも無力だった。

で、4バックに変更してFW+FW+攻撃的MF2枚(イ・ガンイン、久保)にしたところ、2失点して試合が壊れた。攻撃力は確かにアップした。ボールを収めて裏へパスを送り込める久保の存在で、FWがゴール前で動けるようになり、CKやFKを獲得、久保自身も惜しい2本のシュートを放った。だが、守備が耐え切れなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ