人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月1日

J2で得点を重ねる小川航基。故郷、横浜でシュートの才能が開花?

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
J SPORTS

J SPORTS

3月30日に第7節までを終了したJ2リーグでは横浜FCが6勝1分と無敗を堅持して首位を走っている。ホームのニッパツ三ツ沢球技場で行われた第7節でも、横浜FCはモンテディオ山形に2対1と競り勝った。

昨シーズンはJ1残留に失敗したものの、リーグ終盤戦では内容的には非常に良いサッカーをしていた横浜FC。J1で活躍した選手たちがそろっており、戦力的にも充実。四方田修平監督が就任して今シーズンは、早くも前線からプレスをかけていくアグレッシブな守備が確立され、また、昨シーズンまで絶対王者の川崎フロンターレで準レギュラーとして活躍していた長谷川竜也が加わって、シャドーのポジションで攻撃の組み立てとして活躍している。

一方、アンジェ・ポステコグルー監督の下、横浜F・マリノスでアシスタントを務めていたピーター・クラモフスキー監督(その後、清水エスパルス監督)の下で新しいスタイルを確立しつつある山形。第7節を終えて19位と結果は出ていないが、内容的には悪くない。横浜FC戦でも2点目を奪われた後、すぐにFKの後の流れから1点を返すと、その後は猛攻を仕掛け、シュート数でも12本対6本と横浜FCを上回り、終盤には「あわや同点」の場面を何度も作っていた。

横浜FCとしては、小川航基が決めた貴重な2ゴールを守り切った形だ。

横浜FCはワントップのフェリペ・ヴィゼウの下、左のシャドーに長谷川、そして右のシャドーに小川という布陣だったが、小川はこの日も2ゴールを加えて7試合で6ゴール。1試合1ゴールに近いペースで得点を決め、J2の得点ランキングでも首位に立っている。

前半の19分。横浜FCにはゴール前でFKのチャンスがあったが、手塚康平のシュートがゴールポストをかすめてはずれたが、小川のスーパーゴールが生まれたのはその直後だった。自陣深い位置の手塚からパスを受けた小川は、まず山形の加藤大樹のチャレンジに耐えると、南秀仁もかわす。そして、小川が約25メートルの距離から右足を振りぬくと、ドライブがかかったボールがGK後藤雅明の頭上を抜けてゴールネットに突き刺さったのだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ