人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月29日

スペイン代表が18年ぶりのカタルーニャ州での代表戦開催。サッカーと政治の話

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
スペイン代表

スペイン代表

スペイン対アルバニアは2−1でスペインが辛勝した。勝ち越しゴールはロスタイムという際どいものだった。

ボールを圧倒的に支配(支配率は80%近かった)しても良く鍛えられたチームに引いて守られカウンターを狙われれば、ホームで、ポット1に入ることが確実のスペインでも苦戦する、という見本。スペインには単独で崩せる選手はいるが、そこからフィニッシュまで持って行きゴールできる選手はいない。カタールでもこういう試合はあるだろうし、そもそも世界一になった南アフリカW杯でさえ初戦はスイスに同じ形で敗れているのだ。

今は弱小国だって守備は組織されていて点を取るのは難しい。その上でアルバニアのブロハのような単独突破できるFWがいれば失点、つまり敗戦の恐れもある。

スペインを救ったのはダニ・オルモ。見事なファーポストを巻くミドルシュートだったが、彼はW杯予選ジョージア戦でもロスタイムに同様のミドルで決勝ゴールを挙げている。もしあの試合引き分けに終わっていたら、今頃はプレーオフに回っていたかもしれない。

幸いそうはならずに親善試合となったことで、勝敗よりも別のところへ焦点が当たっていた。試合内容?、ではない。18年ぶりのカタルーニャ州での開催だったという点だ。

スペインサッカーファンの方ならご存知のようにカタルーニャは代表を応援する機運に乏しい。カタルーニャ独立を目指す人たちが一定数おり、国歌や国旗にブーイングが飛びかねない。今回はエスパニョールの本拠地だったが、バルセロナの本拠地カンプノウでは「カタルーニャはスペインでない」という横断幕が出ることもある。そんな時、観客席で振られているのはカタルーニャ州の旗かカタルーニャ独立派の旗である。

ちなみにカンプノウで最後にスペイン代表が試合をしたのは1987年、35年も前。応援されないところで試合は開催できない、ということで18年の歳月が必要だったわけだが、もしW杯を懸けた大一番であれば、第一候補のレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウは工事中なので、アトレティコ・マドリーの本拠地ワンダメトロポリターノか、代表熱が高いセビージャの本拠地サンチェスピスファンが選ばれていたに違いない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ