人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年2月22日

ムリキの加入が久保に与えるプラスとマイナスの影響

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
久保建英(写真左)とムリキ(写真右)

ゴール後に喜ぶ久保建英(左)とムリキ(右)

冬の移籍市場でマジョルカに加入したベダト・ムリキが強烈なインパクトを与えている。リーガ出場3試合で2ゴール1アシスト。勝ち点6の獲得に直接貢献し、リーガ4連敗で降格圏に足を踏み入れかけたチームを救った。

彼の加入で運も味方に付けたようだ。負ければ降格圏入り、決戦となったカディス戦では、あれでPKではGKが可哀想、という微妙なジャッジでもらったPKをムリキが決めて勝利。アスレティック・ビルバオ戦では決勝点がオウンゴールだった。久保のシュートが枠に当たりリバウンドがGKに当たりネットを揺らす。ムリキの貢献はハイボールを久保に落としたことだった。ちょっと早いが、ムリキがいる限りマジョルカの降格はない、と言い切りたいくらいだ。
ムリキの存在はチームの戦い方も変えた。

フォーメーションは[4-2-3-1]から[4-4-2]になった。空中での競り合いでほぼ全勝のムリキへロングボールを入れ、彼の周りで落としたボールを拾えるセカンドトップ(アンヘル)を置く。マジョルカの弱点はボール出しにプレスを掛けられて大きく蹴ったボールが、すべて敵へのプレゼントになってしまうことだったが、ムリキとやはり新加入のGKセルヒオ・リコがいることで、かなりの割合でマイボールにできている。

マジョルカのストロングポイントは、これまでは久保、ダニ・ロドリゲス、イ・カンインがいる2列目だったが、1列目のムリキとアンヘルだけでシュートに持ち込める態勢になり前掛かりになった分、1人人数が減った中盤の比重が軽くなった。

これはチームにとってはプラスだが、久保にとってはどうなのか? ムリキ加入の久保にとってのプラスマイナスを考えてみた。

まず、間違いなくプラスなのが、前でボールを持てる時間が長くなり、久保が力を発揮できる敵陣でのプレー参加が容易になること。

これまでは久保なりダニ・ロドリゲスなりイ・カンインにボールが入り、ドリブルで持ち上がることで攻撃のスイッチが入っていたが、これからはその部分が省略可能。ムリキの落としたセカンドボールを直接拾うか、アンヘル経由でもらった場所は、相手のペナルティエリア近くのはず。久保はそのままシュートを撃て、アシストを出せる。あのアスレティック・ビルバオ戦でのオウンゴールに繋がったシュートがまさにそれだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ