人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年1月7日

ラングニック流を歓迎する選手と異を唱える者の間に・・・

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ゴールに歓喜するウォルヴァーハンプトンの選手たち

ゴールに歓喜するウォルヴァーハンプトンの選手たち

前半のゴール期待値はわずか0・16だった。

フットボールに限らず、数値にこだわりすぎると本質を見失う。各クラブが置かれた状況、とくにパンデミックのストレスなども考慮しなければならず、言語化と専門用語の羅列は同列ではない。

それにしても、ウォルヴァーハンプトン戦のマンチェスター・ユナイテッドは酷かった、醜かった。

712日ぶりに先発したフィル・ジョーンズを除き、闘争本能が著しく欠けていた。ボールコントロール、パス、ポジショニングなどのミスも頻繁に見られ、本拠オールド・トラッフォードでブーイングを浴びる始末だ。0-1……。GKダビド・デヘアの攻守がなければ、もう2~3点は失っていたに違いない。

「多くの選手が不平・不満を口にしている」
「少なくとも11人が退団を希望している」
「ラルフ・ラングニック監督のプランが納得できず、アシスタントコーチの質にも疑問を抱いている」

J SPORTS 放送情報

ウォルヴァーハンプトン戦終了後、数多くのネガティブなニュースが飛び交っている。いすれもゴシップ紙の発信だ。信ぴょう性は伴っていない。

しかし、ウォルヴァーハンプトン戦の内容はオーレ・グンナー・スールシャール体制下の末期を思わせるほど悲惨で、ユナイテッドが重症であることを改めて露呈した。選手たちもストレスを感じており、ラングニックはアストン・ヴィラとのFAカップ3回戦が行われる1月10日(現地時間)までに、二日間の休暇を与えるほどだった。

さて、戦略・戦術を落とし込むには時間を要し、わずか一か月程度でラングニック流が浸透するとはだれも思っていない。ただ、早くも新監督の厳しい練習に音を上げる者がいるという。

スールシャールは自由すぎてダメ、ラングニックは厳しすぎるから嫌い?

開いた口が塞がらない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ