人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年12月6日

久保建英がスペインメディアに好かれる理由

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
久保建英

久保建英

久保建英が今季初得点を挙げた試合後のインタビューが面白かった。

ーーゴール前で落ち着いていましたね。
という問いに

「いや、本当は緊張していました。ビデオを見ればわかると思うけど、タッチが短くなってしまって……」

アンヘルのパスで抜け出してGKオブラクと1対1になって、シュート前の何タッチ目かが短くなり、足下にボールが詰まった感じになって窮屈な前傾態勢からシュートせねばならなかった。股の下を抜けてゴールに転がり込み決勝点となったが、あそこは本来、余裕を持って左隅を狙うところだ。

タイミングを外すためにわざと一呼吸を遅らせて撃ったのかな、と思ったが、何のことはない。緊張でタッチが短くなったのだった。

こういう受け答えのできる選手はスペインメディアに好かれると思う。

まずは正直。黙っていれば高度な技で済んだかもしれないところを、正直に緊張していたことを白状した。プロでも緊張するんだな、と、親近感が湧いたと思う。それをまたあのポーカーフェイスで言うから面白い。にこにこ笑う必要はないが、ポーカーフェイスでぶっきらぼうは駄目。メディアに好かれない。

“メディアに好かれなくても別にいい”という考え方もあり、それでサッカー的には何ら問題はないが、露出に影響する。優等生発言ばかりで本音を言わない選手、嫌そうに話をする選手の話はまったく面白くないので、記者はインタビューを申し込まない。

数時間前、セビージャ対ビジャレアルの試合後会見場にいた。

ジューレン・ロペテギ監督とウナイ・エメリ監督を聞き比べて、圧倒的にインタビューを申し込みたいのはエメリの方だ。あまり話をしたくない前者と何とかわかってもらおうとする後者。ロペテギのぶっきらぼうさは幾分解消されていたが、エメリの伝えたい意欲は変わっていなかった。

監督で言うと、レアル・マドリーのアンチェロッティ、アトレティコ・マドリーのシメオネ、バルセロナのシャビ、ソシエダのイマノル・アルグアシルもエメリ側、ベティスのペジェグリーニはロペテギ側かな。選手では、レアル・マドリーのカセミロとかバルセロナのピケとかセビージャだとジョルダン、ビジャレアルだとパウ、ソシエダだとオヤルサバルとかアトレティコ・マドリーだとルイス・スアレスとかは、何か見出しになりそうなことを言ってくれる可能性がある。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ