人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月30日

久保建英が戦列に復帰。次節アトレティコ・マドリー戦で先発あるか?

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
久保建英

復活した久保建英

久保建英が2カ月ぶりに復帰した。プレー時間は25分ほどだったが、不可欠な存在であることを証明した。

その分析は後回しにして、先に久保不在のマジョルカに起こったことをまとめておきたい。

ケガをした第6節レアル・マドリー戦を終え2勝2分2敗だったチームは復帰戦の第15節ヘタフェ戦終了時で3勝7分5敗。この間1勝しかできず、順位を11位から14位に落とした。得点不足というわけではなく得点力はむしろ上がっているが、失点がそれ以上に増えた。負けが込んでいるわけではないが勝ち切れず引き分けだけが増えている。
優勢の試合で土壇場で追いつかれる、ルイス・ガルシア監督が言う、「パーソナリティ不足」という面もある。

先々週の大敗したラジョ・バジェカーノ戦以外は戦えており、内容が悪いわけではないが下り坂――そんなチームのカンフル剤に久保はなり得る。

マジョルカの構造的な問題点ははっきりしている。GK、CBからのボール出しができないこと。ヘタフェ戦でもプレスを掛けられているわけではないのに、大きく蹴っていた。足技のあるCBライージョがケガで長期欠場中という事情もあるのだろう。

ターゲットは[4−2−3−1]の1トップのアンヘルと右サイドのムボウラだったが、いずれもポストプレーのスペシャリストとは言い難く成功率が低い。ボールをすぐ失ってしまうのでポゼッションが上がらず、ラインも上げられず、SBの攻撃参加もできない。さらに、ボランチ経由で持ち上がってマークを引き付ければ、空くはずのサイドが空かず、サイドで崩して中央でフィニッシュ、という形に持ち込めない。マジョルカはサイドからのセンタリング本数がリーガで最少のチームである。

この点は久保が入ってはっきり改善した。久保もポストプレーはできないが、足下のボールを失わず、持ち上がることができるからだ。

CB→右SB経由で、あるいはCB→トップ下→ボランチ経由で、サイドぎりぎりに張っている久保にボールが入る。と、半身の彼は相手が飛び込めない間合いで細かいタッチで前進する。背筋が伸びていてパスもあるしリズムチェンジで対角への突破もあるから、相手マーカーはウェイティングするしかない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ