人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年10月12日

新システムで躍動した岡崎慎司が今季初得点!スペインの実況「スーバーゴール!」

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
岡崎慎司

岡崎慎司

岡崎慎司は今季初得点を挙げ、チームも5対1とイビサに大勝した。ラス・パルマスに4対1と大敗し岡崎も前半だけで下げられた先週とは、何が違ったのか?

相手が違ったのを最初に指摘しておくべきだろう。昇格を狙う6位のラス・パルマスと、2部に上がって来たばかりで残留が目標のイビサでは強さが違う。だが、何よりも重要だったのは、カルタヘナがシステムを変え、戦い方を変え、岡崎の役割を変えたことだ。

先週のコラムで、カルタヘナの機能不全を改善するために、「クオリティ不足を自覚して、ある程度ロングボールを前線に入れるカウンターサッカーへ方向転換、システムを[4−4−2]に変えて岡崎を2トップの左に使い、右の天性の点取り屋ルベン・カストロの周りで汗をかかせる」という案を出した。ルイス・ミゲル・カリオン監督のやり方は少し違ったが、「ある程度ロングボールを前線に入れる」というのは当たった。

新システムは可変型で非対称の[3−4−3]だった。

「可変型」というのは3バックにも4バックにも状況によって変化できること。ボール出し時に数的有利ができる3バックで攻撃をスタートし、守備で押し込まれた時は4バックにして守備を強化する、という風に。「非対称」というのは、3バック時に左SBデル・マスを常時上げてウインガー的なポジショニングをさせる一方で、右SBガストンは最終ラインに置いておく。という同一ポジションの選手に違うポジショニングや役割をさせることを指す。デル・マスは上がっていれば3バック、下がっていれば4バックという風にシステム変更のキーマンになっていた。

ちなみにこれは、スペイン代表とまったく同じやり方である。4バック時に最終ラインの左SBマルコス・アロンソが高い位置取りをすることで3バックに変化する。逆サイドの右SBアスピリクエタはほぼ上がらない。

ロングボールを前線に送り込むメカニズムは次の通りシンプルなものだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ