人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年4月9日

スピードあるパスでパラグアイを粉砕した女子代表。求められるのは、ゴールを追い求める貪欲さ

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

日本女子代表(なでしこジャパン)が約1年ぶりに活動を再開し、4月8日に仙台で行われた国際親善試合でパラグアイ女子代表を相手に7対0で勝利を収めた。

3月には男子の日本代表とU-24日本代表がそれぞれ韓国やアルゼンチンを相手に素晴らしい試合をしてわれわれに勇気を与えてくれたが、女子代表もそれに続いてくれた。

ただ、パラグアイは女子サッカーの世界では格下の相手であり、しかも準備不足だったという。7ゴールを奪っての大勝ではあったものの、手放しで喜ぶわけにもいかない……。パラグアイ戦はそんな微妙な勝利だった。

序盤戦から日本がボールを保持して攻める展開が続いた。そして、これまでの女子代表と一味違ってのは、パススピードや展開のスピードが速かったことだ。

2011年の女子ワールドカップで優勝した当時、なでしこジャパンは世界から「バルセロナのようなサッカー」と賞賛を集めた。ワンタッチ、ツータッチでテクニカルなパスをつないでビルドアップするサッカーは女子サッカーの世界に新風を吹き込んだ。それまでは、どちらかといえばフィジカル勝負の要素が濃かった女子サッカーだが、日本がそこに新しいパスサッカーで新風を吹き込んだことで、世界の強豪国の取り組みも変わり、女子サッカーは大きく発展した。

ただ、その結果として、日本も簡単には勝てなくなってしまった。対戦相手が日本のストロングポイントであるパス・サッカーを取り入れた結果、それだけを武器にしていては勝てなくなり、ここ数年は欧米の強豪国相手にはフィジカルやスピードで劣る分、劣勢を強いられる時代が続いていた。日本が再び世界の頂点を目指すためには、日本の良さ=パス・サッカーの精度を高めると同時に、スピード勝負やフィジカル勝負でも対等に戦えるようにしていかなければならないのだ。

そこで、高倉麻子監督はなでしこジャパンに、そうしたスピードやフィジカルの面を植え付けようとしているのである。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ