人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年6月11日

勝ち点3が欲しかった「なでしこジャパン」、アルゼンチンとスコアレスドロー。FIFA女子ワールドカップ

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

2大会振りの覇権奪回を目指す「なでしこジャパン」(世界ランク7位)は、グループリーグ最終戦で、格上のイングランド(同3位)と対戦する。

それを考えると、決勝トーナメント進出へ向け、格下のアルゼンチン(同37位)と当たる、この初戦の重要性が高いのは言うまでもない。

日本が入ったグループDは、残るスコットランドが世界ランク20位。4チームの世界ランキングの平均が17.0位と、今大会で最もレベルが高い「隠れ死の組」となっており、どの試合も気が抜けない状況である。

前半立ち上がりは直接対決で、4戦全勝と分の良い日本がペースを握る。9分、ボール支配率とパスの精度で上回る日本は短いパス交換から右サイドの中島がこの試合初のシュートを放つも、これは枠を外れた。

一方、アルゼンチンは低い位置でブロックを敷いて待ち受け、カウンターから勝機を見出すが、ワントップのハイメスに良いボールが供給できず、前半はシュート0本に終わる。

しかし、引いた相手を崩し切れない日本は主導権を握りながらも単調な攻撃が目立つ中、決定的な場面を作り出すことできず、シュート2本(枠内0)とやや低調な内容で、試合はスコアレスのまま後半へ。

J SPORTS 番組情報

両チーム共に交代カードを切らずに始まった後半も、引き続き試合の構図は変わらず、ブロックを敷いて守備を固めるアルゼンチンに対し、日本が何とかパスを繋ぎながらこじ開けようとする展開となる。

3人目の動き出しやライン間へのボール配給など、後半開始から明らかにペースを上げた日本は、56分に右サイドの組み立てからこの試合初の決定機を作り出すも、ペナルティエリア中央で受けた長谷川のシュートは大きく枠を外れた。

その後、日本は57分に岩渕、74分に遠藤を投入して事態打開を図るが、この選手交代は奏功せず、膠着状態はかえって深まることになった。

結局、試合はこのまま動かず、両チームが勝ち点1を分け合うことに。引き分けでもミッション達成だったアルゼンチンに対し、勝ち点3を計算していた日本には厳しい船出となった。

FIFA女子ワールドカップ ハイライト

グループD アルゼンチン vs. 日本

◆グループD 順位
1位 イングランド:勝ち点3(得失点差+1)
2位 日本:1(±0)
2位 アルゼンチン:1(±0)
4位 スコットランド:0(-1)

◆グループD 放送予定・結果
・6月09日(日) イングランド 2-1 スコットランド
・6月10日(月) 日本 0-0 アルゼンチン

・6月14日(金)深夜3:45 イングランド vs. アルゼンチン
・6月14日(金)午後9:45 日本 vs. スコットランド
・6月19日(水)深夜3:45 日本 vs. イングランド
・6月19日(水)深夜3:45 スコットランド vs. アルゼンチン

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧