人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月28日

リヴァプールのUCL制覇叶わず。致命的ミスを犯したかつての岡崎・武藤の同僚GKカリウスに求める今後の奮起。

元川悦子コラム by 元川 悦子
  • Line

今季欧州シーズンのラストを飾るUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)ファイナルが26日(日本時間27日未明)、キエフのオリンピスキ・スタジアムで行われた。レアル・マドリードの3連覇か、あるいは進境著しいリヴァプールの13シーズンぶりのタイトル獲得か。その動向が大いに注目されていたが、レアル・マドリードがカリム・ベンゼマの先制弾とガレス・ベイルの2ゴールで、レアル・マドリードが3-1で勝利。73-74シーズン~75-76シーズンに3連覇したバイエルン・ミュンヘン以来の偉業を果たすことになった。

ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールは前線からのハイプレスとタテへの推進力、ゴール前の爆発力を前面に押し出して、絶対王者を撃破しようと目論んでいた。圧倒的にボールを支配され、回されるのも想定内だったことだろう。前半は拮抗した展開が続いていたが、予期せぬアクシデントが起きる。

前半26分、今季プレミアリーグ得点王でUCLでも10ゴールを叩き出している最大の得点源、モハメド・サラーがセルヒオ・ラモスと競り合った際、腕を巻き込まれ、左肩から地面に転げ落ちた。一度はプレーに戻ったものの、結局31分にアダム・ララーナとの交代を強いられた。サラーは涙を流しながらピッチを後にしたが、負傷の度合いは深刻で、直近に迫ったロシアワールドカップにも影響しそうな雲行きだ。エースFWを失ったことがリヴァプールにも大きな影を落としたことは間違いない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧