人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年4月9日

強いシティが、またも3失点で逆転負け 攻撃的サッカーで挑んだモウリーニョの真意はどこに?

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

プレミアリーグ優勝を目前にしたマンチェスター・シティが、ホーム「エティハド・スタジアム」でのマンチェスター・ダービーに敗れて、最速記録での優勝決定が持ち越しとなってしまった。シティにとっては「ホームでの優勝決定」、さらに「宿敵ユナイテッドの目の前での戴冠」という絶好の舞台だっただけに、残念な結果とだったろう。まして、前半のうちに2点をリードした後の逆転負けだったのだから、ショックも大きかろう。

マンチェスター・シティにとっては、難しい試合だった。 チャンピオンズリーグの準決勝でリヴァプールに0対3のスコアで敗れてから中2日。しかも、さらに中2日の日程でリヴァプールとのセカンドレグを控えているのだ。いわゆる「谷間の試合」である。勝点で大量リードしているリーグ戦なのだから、本来なら主力を完全に休ませてもよい試合とも言える。ところが、その「谷間の試合」が優勝決定がかかる試合となってしまったのだ。しかも、相手は同じマンチェスターのライバル。やはり、勝ちにはいかなければならない試合だ。

ペップ・グアルディオラ監督が思い悩んだ末に決めたであろう先発には、今シーズンの躍進の立役者であるケヴィン・デブライネやトップのセルヒオ・アグエロやガルリエウ・ジェズスの名前が含まれていなかった。

つまり、この日のマンチェスター・シティは、いわゆる「ゼロ・トップ」だった。ベルナルド・シウバを低めのトップの位置に置き、トップ下のダビ・シルバと2人が交互にトップに飛び出していくような戦い方だった(ゲームの途中から、ラヒム・スターリングをトップ、ベルナルド・シウバを右サイドにチェンジ)。そして、下がり目の曖昧な位置を取りながら、前線に顔を出してくるダビ・シルバの動きは、相手にとっては捕まえづらく、「ゼロ・トップ」はうまく機能した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧