人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年4月2日

リヴァプールにとってはリーグ4位以内確保に大きく前進する1勝

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

このシステム変更により、お尻が重たい5バック守備になりやすくなったリヴァプールは、再び攻め込まれる展開になった。しかし、これに耐えると、後半39分にチャンス到来。中盤にポジションを下げたチェンバレンが、得意のドリブルでペナルティーエリアの脇へ切り込み、クロスを上げた。

これは重要なプレーだった。MFがドリブルでブロックの間へ侵入すること。前半はほとんど見られなかったプレーであり、おそらくララーナに期待されたプレーでもあり、そして、ララーナを交代させた後にチェンバレンを中盤に下げた理由が、まさにここにあるのだろう。チェンバレンの推進力が、チャンスを切り開く。

このクロスを、逆サイドからロバートソンがワンタッチで折り返すと、足下に受けたサラーは左足で打つと見せかけ、トラップして右足へ流す。逆を取られたママドゥ・サコは、テリーばりの顔面ヘッド、あるいはGKのようなダイビングで身体を投げ出すが、サラーの右足が一歩速かった。見事にゴールへ流し込み、劇的な2-1となる逆転ゴールを挙げた。

リヴァプールにとっては大きな1勝だった。この勝利で、リーグ4位以内の確保に大きく前進した。今後の過密日程のリーグ戦で、ターンオーバーを行う余裕も生まれるだろう。マンチェスター・シティとのチャンピオンズリーグ準々決勝ホーム&アウェーに、全力を尽くす準備ができた。

内容の悪い辛勝ではあったが、ララーナを失ったこと以外は、一概にネガティブとは言い切れない。大勝してシティ戦に臨むより、むしろ良かったのではないか。クリスタル・パレスが、良い時間帯から転落して逆転ゴールを許したように、試合の満足感は、かえって守備の隙を生む要因になるから。

これでいいのだ。

代替画像

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ