人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2022年6月14日

【Cycle*2022 クリテリウム・デュ・ドーフィネ:レビュー】ツール前哨戦でユンボ・ヴィスマが全てに圧倒!ツール総合優勝を狙うログリッチ「僕ら2人のうちどちらか1人が勝てる」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
息子と表彰台に上がる総合優勝のログリッチ

息子と表彰台に上がる総合優勝のログリッチ

手に手を取って、にこやかに、ユンボ・ヴィスマが2022年クリテリウム・デュ・ドーフィネのすべてを圧倒した。区間3勝、マイヨ・ジョーヌ8日間中7日間、総合上位2位独占にマイヨ・ヴェール。約3週間後に迫ったツール・ド・フランスに向けて、プリモシュ・ログリッチとヨナス・ヴィンゲゴー、そしてワウト・ファンアールトは、これ以上ないほどに準備が整っていることを証明した。

「クレイジーだね。チームにとって美しい大会になった。チームメイト1人1人がすごく強かったし、みんな信じられないような仕事をしてくれた。僕らはツール総合大本命として名を挙げられるにふさわしい走りを見せた」(ログリッチ)

序盤6日間は、ファンアールトこそが世界の中心だった。初日に大集団スプリントを制し、軽やかに総合リーダージャージを身にまとった。ただパリ〜ニースでユンボが成功させた初日〜最終日マイヨ・ジョーヌ独占の快挙は、今回は繰り返せなかった。翌日にぎりぎり5秒差で5人の逃げ集団を捕まえそこねて、アレクシー・ヴィエルモに1日だけ黄色い衣を譲り渡してしまうのだ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

それでもファンアールトは、メイン集団内では忘れずきっちりスプリント首位を獲りに行った。7月のツール本番でポイント賞を狙うと宣言するワウトにとっては、おそらくポイント収集の練習も兼ねていた。ちなみに春先の「ミニツール」パリ〜ニースに続いて、「ツール前哨戦」でも最終的な緑ジャージを勝ち取った直後には、「ツール本番では中間ポイント収集も必須となるね」と決意を表明している。

第3ステージの2級山頂フィニッシュでは、ファンアールトは一度は先頭から脱落しながらも、ログリッチ&ヴィンゲゴーの見事な献身のおかげで30人程度の少集団スプリントを争った。ただし両手を挙げかけるも……ダヴィド・ゴデュに虚をつかれた。また第4ステージの31.9kmの個人タイムトライアルでは、2年連続世界チャンピオンのフィリッポ・ガンナに、2年連続世界2位はほんのわずか2秒足りなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ