人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年12月7日

【サイクルロードレースを支えるスペシャリスト】 選手からの「ありがとう」が大きな活力。UCIワールドチーム「EFエデュケーション・NIPPO」で世界を駆ける気鋭のメカニックの強き意志

サイクルロードレースコラム by 福光 俊介
  • Line

南野求さん

ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリア、パリ~ルーベなど、世界各地でビッグレースが開催されるサイクルロードレース。主役となるのは選手たちだが、そんな彼らを後方支援するチームスタッフにも昨今はスポットライトが当たるようになってきた。なかでも、世界トップのチーム力を有するEFエデュケーション・NIPPOには日本人スタッフが所属し、レース中継を通じてその存在に注目が集まることとなった。そのうちの1人、自転車を完璧な状態に仕上げ、選手たちに自信を与えてレースへと送り出す気鋭のメカニック、南野求さんに話を伺い、トップチームでの仕事に対する熱き思いを語ってもらった。

――ロードレース界において歴史があり名門チームであるEFエデュケーション・NIPPOのメカニックとなった経緯を教えてください。

南野:ここ数年はヨーロッパをベースに仕事をしていて、昨年はUCIプロコンチネンタルチーム(現・UCIプロチーム)のデルコで働いていました。このチームのスポンサーをしていたNIPPO社が現在のチームへ移るにあたって、大門宏マネージャーに推薦していただいて加入する形になりました。

――現在の拠点はどちらになるのですか。

南野:スペインのジローナという街にチームの倉庫があって、そこでバイク作業を行って遠征へと出発しています。

――UCIワールドチームのメカニックの仕事は、具体的にどんなことをしているのでしょうか。

南野:主にはバイクの整備ですが、倉庫での雑務もいくつか含まれます。レース前であれば出場選手のバイク整備を行って、それを遠征用のトラックへと積み込みます。レース現場へ入ってからは、整備のほかにレース後の後片付けもあります。レースを終えて倉庫へと戻ってからは、次のレースに向けてバイクの調整をしたり修理をしたり、といった具合です。

――チーム内にはメカニックが何人いて、倉庫での仕事、レース時の仕事それぞれでどのような振り分けがなされているのでしょうか。

南野:現在チームには8人のメカニックが所属しています。基本的にはこのメンバーで帯同レースを割り振りしていくのですが、このほかにもう1人「倉庫番」としてメカニックを兼務するスタッフが倉庫に常駐しています。彼が主に倉庫内のアイテム・パーツの管理を担当し、私たちがバイクの組み立てや整備を任されている格好です。また、誰がどのレースに行くかというスケジューリングは、チーム内の「オペレーションマネージャー」と呼ばれるスタッフが調整してくれています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ