人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年10月6日

【Cycle*2020 リエージュ~バストーニュ~リエージュ:レビュー】超豪華な顔ぶれによる最高の戦いはエンディングもドラマチック!「信じることを絶対に止めてはだめなんだ。」(ログリッチ)

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
アラフィリップ

勝利を確信して両手を挙げたアラフィリップ

最後の最後に2つも大きなミソがついてしまったけれど..2020年リエージュ〜バストーニュ〜リエージュは、これ以上は望めないほど最高の戦いとなった。まるでツール・ド・フランスのエピローグか、それとも2週連続の世界選手権であるかのように。新型コロナウイルスによるシーズン再編成は、クラシックのラ・ドワイエンヌ(最古参)に特別な興奮をもたらしてくれた。

「3カ月近くもの長い時間、家から遠く離れて努力を重ねてきた。そして僕は、ようやくなにか大きなものを、手に入れることが出来た。今はこの瞬間を満喫したい」(ログリッチ)

257kmの長いレースがほんの数センチ差で決し、ラスト100mの失態で順位が入れ替わる前に、残り14kmで勝負は5人に絞り込まれた。

きっかけはジュリアン・アラフィリップが打ったアタック。マルク・ヒルシは瞬時に後輪に入り込み、プリモシュ・ログリッチもすぐに追いついた。タデイ・ポガチャルはワンテンポ遅れて、ミハウ・クフィアトコフスキは得意の下りを利用してついてきた。現役世界チャンピオン、世界3位にして4日前のフレッシュ・ワロンヌ勝者、今年のツール・ド・フランス総合1位2位、さらには元世界王者(今年は4位)。当然ながら5人全員がツール区間覇者という、まるでロイヤルストレートフラッシュのような最強の組み合わせだった。

ここに至る過程で、まずはドゥクーニンク・クイックステップの驚異的な働きがあった。優勝本命の責任を果たすべく、9人の逃げの後ろで、ウルフパックは1日中プロトン制御に尽くした。残り81kmで集団落車にアラフィリップが巻き込まれ、ホイール交換1回・自転車交換2回・シューズ交換両足を強いられた後も、問題なくエースを最前線へと引き戻した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

残り36km、伝統坂ラ・ルドゥットでは、強い横風が吹き付けていた。寒さよりも、小雨よりも、この風こそが最大の難問だったと振り返るアラフィリップは、だからこそ締め付けをいっそうキツくした。昨年も今年もツール・ド・フランスで登坂発射台役を務め、「友に敵対したくない」という理由で世界選を辞退してしまったドリス・デヴェナインスに命じて、先頭を高速で引かせた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ