人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月5日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】一瞬たりとも目が離せないペーター・サガンが仕掛けた一流のショー「上手く行くこともあれば、行かないこともある」 /  第7ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
ペーター・サガン

ペーター・サガン

一瞬たりとも目が離せない3時間半。スタートからフィニッシュまでの168kmを、選手たちは時速47.5km超の高速で走り抜けた。横風とスピードで集団は散り散りになり、多くのスプリンターと数人の総合上位選手が、後方へと押しやられた。最後まで先頭に踏みとどまった42人の小さな集団の中から、フィニッシュラインを一番にさらいとったのは、「今日は狙わない」と宣言していたワウト・ファンアールトだった!

「自転車選手の言ってることを信じちゃダメ(笑)。いやいや、実は、自分自身でもびっくりしてる。でも小集団スプリントでチャンスを狙いに行かないなんて、ありえないと思ったんだ」(ファンアールト)

誰もが十分に理解していた。ものすごく風の強い地方を通過することも、分断のリスクが潜んでいることも。スタート前から、そんなことは、分かりすぎるほど分かっていたのだ。

多くのチームは、むしろフィニッシュ残り約35km地点の、南から西へと進行方向が変わるポイントを警戒していた。「難しいステージになるだろう。特に最終盤は極めてデリケートだ」と、区間勝利とマイヨ・ヴェール保守の両方を目指すサム・ベネットがスタート前に語っていたように。

実際には、スタート直後こそが極めてデリケートだった。ほんの9km地点に待ち構える3級峠めがけて、赤玉ジャージのブノワ・コヌフロワがポイント収集アタックを打つ。たった2ptの山に、ほとんどの選手は興味さえ示さなかった。ところがフィニッシュ後にエガン・ベルナルが証言したように、「最初の山から注意深く」行かねばならなかったのだ。なにしろ1つ目の山頂にたどり着く前に……ボーラ・ハンスグローエが隊列を組み上げ、とてつもないスピードで前方牽引を始めてしまった!

あっという間に集団は3つに分割された。注意深く警戒していた総合勢たちはほぼ問題なく第1集団に居残ったが、大量のスプリンターたちが後方に取り残された。ベネットは罠にはまり、第3ステージ区間勝者カレブ・ユアンも、はるか遠くへと吹き飛ばされた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ